製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
174号タイトル
トピックス画像
前へ123次へ
「第28回 広報セミナー」を開催
ーテーマ:危機管理広報ー
line03 line03 line03

製薬協広報委員会主催の「第28回広報セミナー」を4月18日、東京・中央区の野村コンファレンスプラザ日本橋にて開催しました。今回は、「危機管理広報」をテーマとし、エイレックス代表取締役の江良俊郎氏および取締役副社長の平野日出木氏による、数多くの事例を交えた実践的危機管理広報に関する講演が行われました。今回は、会員会社から100名を超える広報部門関係者が参加し、熱心に聴講しました。

セミナーの様子
セミナーの様子

「実践! 緊急時の広報の役割とメディア対応のポイント ~実例に学ぶ~」と題した講演の冒頭、江良俊郎氏は、会場とのやり取りを交えながら、製薬企業の社会問題化する可能性のある危機や危機発生時の広報の役割をわかりやすく整理し、「初動」対応の良い例、悪い例を具体的に解説しました。「初動」の誤りは企業にとって致命的なインパクトを与えます。その企業がどのように対応したかによっては、「隠した」、「嘘をついた」との批判が強まり、そうした報道が企業存続問題に直結してしまうケースも増えていることについて事例を交えて紹介しました。
 次に、元新聞記者の平野日出木氏は、実際の事例を映像を用いながら、緊急時の広報の役割や緊急記者会見のポイントについて解説しました。以下にポイントを紹介します。

緊急時の広報の役割と情報開示の考え方

平野 日出木 氏
エイレックス 取締役 副社長
平野 日出木 氏


江良 俊郎 氏
エイレックス 代表取締役
江良 俊郎 氏


緊急時は、当該事象を公表するか否かを速やかに判断しなければなりません。公表する/しないの判断基準として、以下のポイントが重要になります。
1. 業務と関係するか
2. 企業体質・姿勢が問われるか
3. 公表が一般的なケースか
4. けが、死傷者があるか
5. 社会に注意喚起が必要か
6. 社会的影響が大きいか

 上記を踏まえ、実際に起きた事例をみてみると、非難される対応であったか、評価される対応であったかがよくわかります。

前へ123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ