製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
173号タイトル
トピックス画像
前へ12345655次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「最新のがん治療 ―がん免疫療法―」
line03 line03 line03

製薬協広報委員会は2016年3月11日、「製薬協メディアフォーラム」を開催しました。がん治療は近年目覚ましい発展をとげており、手術・放射線・化学療法に次ぐ第4の治療法として、がん免疫療法などが注目を集めています。そこで今回は「最新のがん治療 ―がん免疫療法―」をテーマに、国立がん研究センター先端医療開発センター免疫TR分野長の西川博嘉氏が講演しました。講演の概要は以下の通りです。

会場風景01
会場風景02

会場風景

国立がん研究センター 先端医療開発センター 免疫TR分野長の西川 博嘉 氏
国立がん研究センター 先端医療
開発センター 免疫TR分野長の
西川 博嘉 氏


1. がん免疫研究の歴史と概要

トランスレーショナル・リサーチとはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、基礎から臨床へ橋渡しする研究、一旦、臨床応用されたものについてもう一度基礎研究に戻して解析を進めるという2つの研究です。
 がん免疫療法は日本では民間療法も含め、科学的な根拠がない治療法だと思われてきましたが、最近大きな変化が訪れ、がん治療の大きな柱の1つになりつつあります。がん治療は、外科手術、放射線、抗がん剤という3つの柱がありました。免疫療法はこれらに続く4つ目の柱として長らく期待されてきましたが、期待に応えられずにいたという歴史があります。がん免疫療法で使用するくすりが、今までと大きく異なるのは直接がんを標的にしないタイプの抗がん剤であるという点です。

免疫療法とは

20数年前、血液内科に入局しましたが、その当時の抗がん剤は、特異性が低く正常細胞も攻撃してしまうため、脱毛したり吐き気がしたりといった副作用が発生しました。その後、分子標的治療薬が使われるようになり、がん細胞だけがもつ特異的な分子を標的にすることで、がん細胞だけを攻撃しようという試みが行われてきました。これに続いて出てきたのが、がん免疫療法です。
 このくすりは、私たちの体に備わっている免疫細胞を活性化して、その活性化された免疫細胞ががん細胞を攻撃します。今までのくすりは、直接がん細胞を攻撃するため、投与量を多くすればがん細胞を殺す可能性は高くなりました。しかし、このくすりは多量に投与すると免疫応答がより強く賦活化する可能性が高まるかというと、必ずしもそうではありません。ある一定のところで、効果がプラトーになってしまう、もしくは、効果が低下してしまうということが起こります。そのため、効果を最大にする適用量をなかなか算出することができない、という点が今までのくすりと大きく違うところです。
 がん免疫療法については、抗腫瘍免疫を賦活化する方法と、免疫を抑える力を取り除く方法がありますが、後者が今成功を収めています。免疫力を強めようという試みは、残念ながらがんワクチンを含む多くのもので失敗しています。

前へ12345655次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ