製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
172号タイトル
トピックス画像
前へ1234次へ
製薬協特別番組 石川テレビ放送
「みまっし!聞きまっし!お薬のこと」公開収録を開催
line03 line03 line03

「知っているようで知らないおくすりのことを学ぶ『おくすりQ&A』」

ゲストのお二人は会場のみなさんと一緒に「くすりの正しい飲み方」、「くすりの正しい保管方法」、「お薬手帳」についての○×クイズに参加しました。

○×クイズに答えるゲスト

○×クイズに答えるゲスト

「お薬手帳」の問題では、会場の○×が分かれました。橋本氏から、「お薬手帳には処方薬だけでなく、薬局で買ったくすりもすべて書いていただくと飲み合わせのチェックや健康の記録にもなります。サプリメント、健康食品も記入していただきたい。また、お薬手帳には、血圧や先生に聞きたいことなども記入するといいですよ」と説明がありました。収録後のアンケートには、「くすりの飲み方がよくわかりました」、「お薬手帳の有効活用法は勉強になりました」など、とても参考になったとの意見がたくさんありました。

○×クイズに答える来場者

○×クイズに答える来場者

「くすりの製造現場」

医師や薬剤師が安心してくすりを処方・提供するためにも、そして患者さんに安心して服用してもらうためにも、くすりの品質管理は製薬会社にとって大変重要な使命の1つです。今回は、石川県で唯一の新薬の製薬工場である参天製薬能登工場に協力をいただき、いかに厳重な品質管理と衛生管理のもとでくすりが製造されているかVTRにより紹介されました。目薬の汚染を防ぐためにほとんど人の手が入らないオートメーション化と外科手術室並みのクリーンな空気清浄度での製造工程、最後は検査資格をもつ人の目を通すことによる品質管理など、徹底した品質管理のもとチェックを重ねた製品を工場から送り出していることが紹介されました。
 山岸氏からも、「おくすりは人の命にかかわる非常に大切なものなので、これだけの製造管理、品質管理はなくてはならないものです。万が一のときは迅速な対応ができるように維持することが非常に大切なことです」とのコメントがありました。
 その後、「目薬の正しいさし方」や「目薬の保管方法」についてゲストの辰巳氏の実演を交え、橋本氏から解説がありました。

前へ1234次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ