製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
172号タイトル
トピックス画像
前へ12次へ
産学協働スクリーニングコンソーシアム(DISC)始動へ
〜DISC発足式の報告〜
line03 line03 line03

日本医療研究開発機構(Japan Agency for Medical Research and Development、AMED)はアカデミアの研究成果をくすりに仕上げることを目的として、2年前から製薬協会員会社に呼びかけ、アカデミアの創薬ターゲットに対し各社から有用な候補化合物の拠出を求めるとともに、スクリーニングを行って創薬につなげるという仕組みを作り上げ、参加を募りました。その結果、22社が参加し、総数約20万化合物のライブラリが完成し、2015年12月22日、産学協働スクリーニングコンソーシアム(DISC)発足式が挙行されました。

日本医療研究開発機構 理事長の末松誠 氏
日本医療研究開発機構 理事長の
末松誠 氏

DISCはDrug-discovery Innovation and Screening Consortiumの略です。2年かけて準備されたDISCの始動にあたり、AMED東日本統括部長の高子徹氏の司会のもと、発足式が日本橋ライフサイエンスハブ(東京・日本橋)で行われました。出席者はメディアを含めて約100名、来賓として、内閣総理大臣 補佐官の和泉洋人氏と製薬協の多田正世会長が出席しました。
 最初に、AMED理事長の末松誠氏が、「学と産、各々がのりしろを伸ばして協働することをサポートするのがAMEDの役割と考えています。国境付近で人と物の動きの取れない状況をバルカン半島にたとえてバルカニゼーションといいますが、産学官連携におけるバルカニゼーションの排除が創薬にとって大変重要です」とあいさつしました。

内閣総理大臣 補佐官の和泉 洋人 氏
内閣総理大臣 補佐官の
和泉 洋人 氏

和泉氏は、「AMEDは民間企業と各省から出向した人たちの集まりで、発足当初は出向元の“色”がはっきりしていて、まさにバルカニゼーションの状態でした。それがかなり薄まってきていると感じています。AMEDにとって創薬支援ネットワークは大きな柱であり、その中のDISCに22社からの約20万化合物のライブラリが完成したことは大変喜ばしいことです。5年先、10年先には成果が上がるようAMEDに期待しています」とあいさつしました。
 多田会長は、「創薬はますます難しくなって、互いに協力して行うようになり、オープンイノベーションという言葉も定着しています。研究開発のリスクを下げ、効率を上げることが求められていますが、DISCはそのために有用です。AMEDができて創薬の流れが加速化されています。アカデミアの成果を企業が受け取ってくすりを作り上げる、立場の異なる者同士が互いにWin-Winの関係になることが大切です。医薬品産業の発展が、日本の経済的な面からも1つの基軸になるように願っています」とあいさつしました。

製薬協の多田 正世 会長
製薬協の多田 正世 会長

この後、AMED執行役・創薬支援戦略部長の榑林陽一氏がDISCの概要を以下のように説明しました。
 大学などの革新的な研究成果を製薬企業による開発につなげることを目的に、創薬支援ネットワークの中核事業として「創薬ブースター」があります。これは協働型創薬で、創薬バリューチェーンのギャップ解消に役立つと考えています。
 DISCは、製薬企業が自社研究で利用している実用化の可能性の高い化合物を「創薬ブースター」におけるハイスループットスクリーニング[1]用に提供するものです。大手企業の最先端の研究設備と高度なスクリーニングノウハウも活用でき、第一三共RDノバーレとティー・エヌ・テクノスが協力しています。大学などの研究者は22社からの約20万化合物のライブラリにone-stopでアクセス可能で、成果を企業へつなげることができるため、この仕組みは世界初の官民連携コンソーシアムであると自負しています。

前へ12次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ