製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
168号タイトル
トピックスカテゴリ画像
前へ12345次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
予防接種の有効性と安全性~知るワクチンから始めよう
line03 line03 line03

製薬協広報委員会は2015年4月23日、「製薬協メディアフォーラム」を開催しました。今回は「予防接種の有効性と安全性~知るワクチンから始めよう」をテーマに、国立感染症研究所 感染症疫学センター 第三室 室長の多屋馨子氏が講演しました。講演の概要は以下の通りです。

会場風景
会場風景



「予防接種の有効性と安全性~知るワクチンから始めよう」

国立感染症研究所 感染症疫学センター 第三室 室長 多屋 馨子

line03

「知るワクチンから始めよう」というサブタイトルにあるように、ワクチンの現状を知り、その対応をとることが多くの感染症予防につながると考えられます。しかし、対策が効を奏し患者さんが少なくなっていくと、それがワクチンの効果であることに思い至らず、ワクチンの役割が見えにくくなる場合があります。今回は感染症予防対策の成果などを「見える化」、すなわち明らかにしながら予防接種の有効性と安全性についての話しを進めていきます。

総論

予防接種の役割は、社会に対しては感染性微生物が広く伝播することを防ぐこと、そして個人に対しては発症、重症化を予防することです。ワクチン接種により免疫を十分に獲得できる人、あるいは病気を予防することで利益を得る人に対して接種されることになりますが、免疫を獲得できることと病気を予防する必要性との間には、その時期などのバランスを取ることが必要です。そうしたことによりワクチン接種は乳幼児のみならず、妊婦や高齢者など成人にも広く予防効果を示すことができるのです。

ワクチンを知ろう

日本で接種可能なワクチンは表1の通りです。定期のワクチン接種は「予防接種法」をもとに、接種に関して細かく規定されています。また、厚生労働大臣が定める有害事象が現れた場合は、2013年4月から医療機関に報告が義務付けられました。2014年11月からは報告先が厚生労働省(以下、厚労省)から独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency、PMDA)に変更になりました。PMDAから厚労省や国立感染症研究所に情報が提供されるという仕組みです(図1)。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ