製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
167号タイトル
トピックスカテゴリ画像
前へ1234567次へ
長崎大学熱帯医学研究所における
感染症研究およびフィールド研究の現状

line03 line03 line03
森田 公一 氏

(2)熱帯医学研究所のフィールドにおける活動

1. 「ケニアにおける黄熱病およびリフトバレー熱に
対する迅速診断法の開発と
そのアウトブレイク警戒システムの構築プロジェクト」( SATREPS事業)

長崎大学熱帯医学研究所 ウイルス学分野 教授 森田 公一 氏

line03

背景

アルボウイルス感染症は熱帯地域の重大な健康問題であり、その多くはNTDsです。デング熱は年間1億人が発症しています。
 黄熱、リフトバレー熱は熱帯アフリカの国際感染症であり、交通・貿易拡大・気候変動により域外への拡大が懸念されます。
 これらは、人獣共通感染症であるため制圧は難しく、早期封じ込めが費用対効果の面から現実的であり、簡易迅速診断手法の開発と対応システムの構築が必要な状況にあります。

相手国のニーズ

NTDsには商業ベースで供給される安価なPoint Of Care testing(POC testing)がないことに加え、熱帯アフリカには、先進国モデルの警戒システム導入に対応できるインフラがありません。
 そのため、適正技術に基づく安価で特異度・感度に優れた診断手法の普及と開発途上国の社会インフラに沿った持続可能な警戒システムモデルが必要となります。

研究の目的

1. 長崎大学に蓄積された科学技術(シーズ)を応用し、ケニアで社会的ニーズの高い、安価でフィールドや地方の診療所でも利用できる適正技術で生産できる簡易迅速手法、ベッドサイドで使えるキットを開発する。
2. 利用可能なインフラで運用できる、自立/持続的なアウトブレイク早期警戒システムを、アフリカで普及している携帯電話網を利用して構築することにより、熱帯アフリカのアルボウイルス感染症対策モデルを提唱する。

研究の概要

1. 科学技術開発(キットの開発)
 適正技術を用いて産生できる診断用可溶化抗原の開発
2. 社会技術開発
 携帯電話網を利用したアウトブレイク時の早期警戒ネットワークの構築(mHealth)
 (アフリカでは、電気が引かれていない家でも、最寄の店で充電することで、携帯電話を使える環境にあるため、2013年3月末時点の携帯端末の人口カバレッジは約95%、2013年9月末時点の普及率は72.8%と高い)

SATREPSプロジェクトの実施項目

Output-1 : 迅速診断法の開発(大腸菌発現系による可溶化抗原の開発)
  →援助ベースから商業ベースの供給を図る。それに向けたISO取得。
Output-2 : レファレンス機能の強化
  →技術移転、診断法の開発。ケニア人がケニアで解析できるようにする。
Output-3 : 携帯電話網により早期警戒システムモデルの構築(mSOS)
  →紙ベースでなく、即時にデータを双方向で送信。サイエンスのエビデンスを付加してフィードバックする(どこで何が起こっているのかすぐわかるシステム)。


(想定外の波及効果)

1. 日本で発生した類似ウイルス感染症である重症熱性血小板減少症候群(Severe fever with thrombocytopenia syndrome virus、SFTS)について
 血清診断法の確立のため、リフトバレー熱ウイルスの組み換えNタンパクを用いたELISA法の成果を応用。

2. mSOSのエボラ対策への緊急応用
 ケニアの空港や病院で使えるように改良し、実際に運用を開始。

将来展望

理解者、協力者の連携のもと、市場での展開、社会実装や普及を図り、PPP東アフリカ同盟地域でのPOC testing販売について、KEMRI関連会社への委託を目指します。

前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ