製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201405タイトル
topics
START1(現ページ)23次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催

「偽造医薬品の現状と対策に向けた産官学の取り組み」

line03 line03 line03

「日本には、偽造医薬品はない」というのは、もはや過去の話。偽造医薬品の脅威は世界的に増大しており、その流通量は750億ドルと、わが国の薬剤費に匹敵する規模にまで達しているといわれています。

製薬協広報委員会は、この問題を取り上げ、「偽造医薬品の現状と対策に向けた産官学の取り組み」をテーマに、2014年2月17日、東京日本橋サンスカイルーム会議室において、報道関係者約30名を招き、「製薬協メディアフォーラム」を開催しました。その概要は次の通りです。

偽造医薬品の現状
偽造品と正規品
はじめに

 製薬協広報委員会コミュニケーション推進部会 尾張副部会長より、 偽造医薬品から身を守るためには、産官学に加え、メディアの協力が欠かせないという本フォーラムの開催趣旨が伝えられ、産官学それぞれの立場から講演がありました。

講演Ⅰ「偽造医薬品―アカデミアからの警鐘」
金沢大学 医薬保健研究域薬学系 国際保健薬学研究室 教授
木村 和子 (きむら かずこ) 氏
講演Ⅱ「偽造医薬品に対する厚生労働省の取り組み」
厚生労働省 医薬食品局 監視指導・麻薬対策課 監視指導室長
稲川 武宣 (いながわ たけのぶ) 氏
講演Ⅲ「偽造医薬品に対する製薬企業の取り組み」
日本製薬工業協会 品質委員会 副委員長・武田薬品工業株式会社
猪狩 康孝 (いがり やすたか) 氏
START1(現ページ)23次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ