研究所概要

医薬産業政策研究所(政策研)は、製薬産業を取り巻く環境および製薬産業の中長期的な課題について分析検討し、提言を行う研究機関です。

研究・調査活動の目的

製薬産業に関する調査、分析、研究およびそれらの結果の提言を通じて、革新的で有用性の高い新薬を創出するための環境整備・充実並びに製薬産業の健全な発展に資することを目的とする

研究・調査概要

(1) 政策研究事業

  1. 製薬産業の将来ビジョン及びビジョン実現に向けた戦略の研究
  2. 革新的新薬の創出に係わる諸課題・内外環境の研究
  3. 製薬産業に係わる産業組織、産業構造、産業政策等の研究

(2) 産業調査事業

  1. 産業特性、創薬環境等の調査・分析
  2. 製薬協の政策提言活動に対する支援
  3. 産業政策に係わるデータベースの構築

設立

1999年1月

陣容(2022年4月1日時点)

所長 長岡 貞男(東京経済大学経済学部教授)
統括研究員 伊藤 稔(政策研究)、飯田 真一郎(産業調査)
主任研究員 東 宏、岡田 法大、高砂 祐二、高橋 洋介、辻井 惇也、中尾 朗、三浦 佑樹、吉田 晃子、吉田 昌生
客員研究員 岡田 羊祐(一橋大学大学院経済学研究科教授)
西村 淳一(学習院大学経済学部経済学科教授)

政策研紹介資料

研究所概要や研究テーマをまとめた紹介資料がご覧いただけます。

ダウンロード

このページをシェア

TOP