患者さんとともに患者さんのために

患者団体アドバイザリーボードの開催

アドバイザリーボードは製薬産業と患者団体が共通するテーマについて共に学び、対話を重ね、共通する課題解決のための協働・方策等について意見交換する場です。

患者団体アドバイザリーボードメンバー氏名(敬称略、五十音順)

天野 慎介 一般社団法人全国がん患者団体連合会 理事長
福島 慎吾 認定NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク 常務理事
眞島 喜幸 NPO法人パンキャンジャパン 理事長
森 幸子 一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会 代表理事
山口 育子 認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 理事長

2017年4月現在

第5回患者団体アドバイザリーボード(2017年3月1日)

テーマ:武田薬品湘南研究所見学、意見交換

第4回患者団体アドバイザリーボード(2016年11月30日)

テーマ:「臨床研究に関する法制化」および「医療情報に関するアンケート」」についての意見交換

特別講師:製薬協 医薬品評価委員会 MA/臨床研究関係TFリーダー 宮本郁夫
 製薬協 患者団体連携推進委員会 「産業ビジョン2025」対応TFリーダー 高本昌弥
 製薬協 患者団体連携推進委員会 アンケートTFリーダー 丸本康博

第3回患者団体アドバイザリーボード(2016年6月8日)

テーマ:「製薬協 産業ビジョン2025」および「費用対効果評価の試行的導入」についての意見交換

特別講師:製薬協 産業政策委員会 ビジョン推進プロジェクトリーダー 百瀬和浩
 製薬協 産業政策委員会 産業振興部会 医療技術評価グループリーダー 三浦礼恒

第2回患者団体アドバイザリーボード(2015年11月18日)

テーマ:未承認薬の解消に向けて -未承認薬等開発支援センターの取組み-

特別講師:一般社団法人未承認薬等開発支援センター 専務理事 深野寛司氏ほか

第1回患者団体アドバイザリーボード(2015年5月27日)

テーマ:お互いに、お互いを知ろう

第12回患者団体アドバイザリーボード(2015年2月13日)

テーマ:4年間を振り返って、製薬会社および製薬協に対しての思い

第11回 患者団体アドバイザリーボード(2014年7月17日)

テーマ:患者団体と製薬企業の協働について

第10回患者団体アドバイザリーボード(2014年3月6日)

テーマ:患者団体と製薬企業との協働

第9回患者団体アドバイザリーボード(2013年10月8日)

テーマ:今後の患者会活動を考える -各団体の活動と課題を通じて-

第8回患者団体アドバイザリーボード(2013年7月30日)

テーマ:「臨床研究・治験活性化に向けた取り組みについて」
特別講師:国立保健医療科学院政策技術評価研究部 部長 佐藤元氏ほか

第7回患者団体アドバイザリーボード(2013年1月29日)

テーマ:「臨床研究・治験活性化に向けた取り組みについて」
特別講師:国立保健医療科学院政策技術評価研究部 部長 佐藤元氏ほか

第6回患者団体アドバイザリーボード(2012年9月26日)

テーマ:「臨床研究・治験活性化に向けた取り組みについて」

第5回患者団体アドバイザリーボード(2012年6月5日)

テーマ:「臨床研究・治験活性化に向けた 取り組みについて」
特別講師:厚生労働省医政局研究開発振興課 治験推進室長 山田 雅信氏

第4回患者団体アドバイザリーボード(2012年1月25日)

テーマ:「医療用医薬品情報提供」
特別講師:厚生労働省医薬食品局安全対策課 課長補佐 広瀬 誠氏
 医薬品医療機器総合機構(PMDA) 安全第一部 部長 池田 三恵氏

第3回患者団体アドバイザリーボード(2011年10月18日)

テーマ:「医薬品情報の提供について -特に患者さん、市民を対象として-」

第2回患者団体アドバイザリーボード(2011年7月26日)

テーマ:「医薬品の情報提供」、「医薬品の開発・適応拡大の推進」

第1回患者団体アドバイザリーボード(2011年5月23日)

テーマ:団体の活動紹介、製薬産業への期待・要望

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM