くすりについてくすりについて

アッヴィ合同会社

最終更新日 2017/09/27 19:00
診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階その他
国内海外
内科ABT-627(Atrasentan)経口未承認糖尿病性腎症第III相第III相
(米国)
 
精神科・心療内科
小児科
SME3110(フルボキサミン)経口既承認小児強迫性障害販売販売共同開発(Meiji Seika ファルマ)
消化器科D2E7(アダリムマブ)皮下注既承認潰瘍性大腸炎(用量追加)第III相第III相
(米国)
 
消化器科
小児科
D2E7(アダリムマブ)皮下注既承認小児潰瘍性大腸炎第III相第III相
(米国)
 
癌領域ABT-199(ベネトクラクス) 経口未承認血液がん第I/II相販売
(米国、欧州)
 
癌領域ABT-888(Veliparib) 経口未承認非小細胞肺がん第III相第III相
(米国)
 
癌領域ABT-414(Depatuxizumab mafodotin) 静注未承認悪性神経膠腫第I/II相第II/III相
(米国)
 
皮膚科D2E7(アダリムマブ)皮下注既承認膿疱性乾癬申請  
消化器科ABT-493/ABT-530(グレカプレビル/ピブレンタスビル) 経口既承認C型慢性肝炎承認承認
(米国、欧州)
 
リウマチ科ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認関節リウマチ第III相第III相 
癌領域ABT-888(Veliparib) 経口未承認卵巣がん第III相第III相
(米国)
 
癌領域ABT-199(ベネトクラクス)経口未承認多発性骨髄腫第III相第III相
(米国)
 
皮膚科D2E7(アダリムマブ)皮下注 既承認化膿性汗腺炎第III相販売
(米国、欧州)
 
消化器科ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認潰瘍性大腸炎第II/III相第II/III相
(米国)
 
皮膚科ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認アトピー性皮膚炎第II相第II相 
リウマチ科
皮膚科
ABBV-066(Risankizumab) 皮下注未承認関節症性乾癬第II相第II相 
皮膚科ABBV-066(Risankizumab) 皮下注未承認膿疱性乾癬/乾癬性紅皮症第III相  
癌領域ABBV-621 静注未承認固形がん/血液がん第I/II相第I/II相
(米国)
 
皮膚科ABBV-066(Risankizumab) 皮下注未承認尋常性乾癬第III相第III相 
リウマチ科
皮膚科
ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認関節症性乾癬第III相第III相 
癌領域ABT-199(ベネトクラクス)経口未承認急性骨髄性白血病第III相第III相
(米国)
 
癌領域ABBV-181 静注未承認固形がん第I/II相第II相
(米国 他)
 
癌領域SC16LD6.5 (Rovalpituzumab tesirine) 静注未承認小細胞肺がん第III相第III相
(米国 他)
 
リウマチ科
整形外科
ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認軸性脊椎関節炎第II/III相第II/III相 
小児科ABT-493/ABT-530(グレカプレビル/ピブレンタスビル) 経口既承認小児C型慢性肝炎第III相第III相 

開発中の新薬トップページへ

このページのトップへ