くすりについてくすりについて

治験とは

新しいくすりの安全性と有効性の最終チェック それが、治験です

ひとつのくすりが誕生するには、長い研究開発期間を必要とします。その間、培養細胞や動物でさまざまなテストを繰り返し、有効性の確認と安全性の評価を行います。そして、最後の段階でヒトを対象に行う試験が「治験」です。ヒトに使ってみて本当に安全で有効なのか、あるいはどれくらいの量を使用するのが適切なのかを調べる、くすりの候補にとっての「必須課程」です。
次の世代に新しい「くすり」を託すために“治験”のことを知っていただくことも、私たち製薬協(日本製薬工業協会)の役目です。

患者さん-医療機関-製薬企業
3者が協力して治験を行うことで、新しいくすりが誕生します。

さらに詳しい情報をご希望の方は、以下のPDFをご覧ください。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 情報番組「知りなっせ!聞きなっせ!~たいが気になるおくすり事情~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM