製薬協について 製薬協について

会長ご挨拶

世界に届ける創薬イノベーション

革新的な新薬創出を活性化・加速化し、世界中の人々の健康と医療の向上に貢献します。

中山 讓治 日本製薬工業協会会長

 日本製薬工業協会(以下、製薬協)は、革新的で有用性の高い医薬品の開発と製薬産業の健全な発展を通じて、日本および世界の人々の健康と医療の向上に貢献することを目指す研究開発志向型製薬企業(71社)より成る団体です。

 我々製薬協およびその加盟会社は、革新的な医薬品や医療技術を待ち望む患者さんの要望に一日も早く応えること使命としています。現在、財政健全化に政府が取り組む中、社会保障関係費とりわけ医療費の抑制が焦点になっております。効率的な医療の実現に向けた改革は重要である一方、治療法の確立していない疾病(アンメット・メディカル・ニーズ)は未だ多く存在することから、我々は、イノベーションの実現を通じて我々自身の使命を全力で果たしていかなければなりません。

 イノベーションには社会を変革させる力があります。例えば、革新的な医薬品・医療技術によって病を克服できた患者さんや加齢による影響を軽減できた高齢者の方が働き手となり支えられる側から支える側にシフトすることは日本の経済発展に貢献し、ひいては社会保障制度の持続性の向上にも寄与します。また、iPS細胞のような画期的なブレイクスルーは次の先進科学・ライフサイエンスの進歩を呼び起こし、それにより誕生した新しい産業は日本の次世代の成長力として、世界に向けて展開していくことが可能となります。

 現在、科学技術の発展に伴い個別化医療や先制医療など医療への要望も高度化し、革新的な医薬品・医療技術を創出する難易度は、ますます上昇し国家間競争の様相を呈しています。この厳しい状況下において新たな医薬品や医療技術を生み出していくためには、国政においてもライフサイエンス分野のイノベーションの推進を日本の成長戦略の要に位置付け、イノベーションの創出からその成果の評価に至るまでを一連のサイクルとして捉えた科学技術振興策を推進していくことが極めて重要だと考えます。製薬協は、イノベーションが「生み出される仕組みづくり」および「適切に評価される仕組みづくり」について、あらゆるステークホルダーの皆様のご理解をいただけるように対話を重ね、共に推進して参りたいと考えています。

 製薬協は2018年度に創設50周年を迎えました。これまでのご支援に深く感謝いたしますとともに、引き続き厚い信頼に応える団体であり続けられるよう、透明性および倫理性の高い事業活動に努めて参ります。

 

日本製薬工業協会 会長
中山 讓治

 

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 情報番組「知りなっせ!聞きなっせ!~たいが気になるおくすり事情~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM