製薬協について 製薬協について

委員会の活動内容

コード・コンプライアンス推進委員会

製薬協会員会社におけるコンプライアンスの推進を図るとともに、製薬協コード・オブ・プラクティスを管理運営し、且つ会員会社のコード遵守推進活動を支援します。

製品情報概要審査会

医療用医薬品に関する情報伝達の適正化を図り、会員会社の製品情報概要・広告などの妥当性を自主審査します。

産業政策委員会

医薬品業界を取り巻く環境の変化に迅速に対応するため、産業振興、イノベーション推進、 税制、医薬品関税撤廃等について課題検討や政策提言を行うほか、常設委員会で対応できない課題等について対応策を検討します。
※International Trade Committee

流通適正化委員会

医薬品流通の透明化・効率化の実現に向け、様々な課題に対して、関係諸団体や行政との協議を通して、課題解決に取り組み、製薬協としての政策提言を行います。

医薬品評価委員会

医薬品の研究、開発および市販後安全対策・適正使用を推進するため、これら各段階での技術・規制等に関する調査・研究を行い、政策提言および啓発活動を行います。

ICHプロジェクト

医薬品規制調和国際会議(ICH)に参画し、共通のガイドライン作成等によって医薬品開発の迅速化・効率化を図る活動を実施します。また、会議報告会、新ガイドラインの説明会等を開催します。

品質委員会

医薬品GMP、医薬品製剤の製造技術およびその特性評価関連事項を調査・研究するとともに、医薬品の品質に対する信頼性向上を図るための方策を定め、これを積極的に推進します。また、ICHプロジェクトと連携し、品質関係の調和ガイドライン作成を推進します。

バイオ医薬品委員会

バイオ医薬品の研究開発促進のための基盤整備にかかわる政策提言を行います。また、バイオ医薬品の研究・開発から生産・市販後に至る技術的諸課題についての調査・研究を行い、行政等に対して改善等の提言を行います。

薬事委員会

医薬品医療機器等法の制度運用上の諸問題や医薬品の承認審査、安全対策等に係る薬事規制の諸事項について調査検討し、研究開発型製薬企業の立場から企業活動の効率化や承認審査の迅速化など各種薬事行政に関する政策提言活動を行います。

知的財産委員会

我が国の製薬業界が国際経済社会の中で競争力を維持し、発展を続けていくために、日本国のみならず世界の知的財産制度に関して、関係省庁および他団体と連携し、積極的な政策提言を行います。また、ライフサイエンス分野における知的財産問題の理解促進のために情報発信を行います。

研究開発委員会

新技術の導入等創薬研究のための基盤整備を行うとともに、関連学会や研究機関との連携により、人材の育成につとめます。また、産学官連携の推進および大学等からの技術移転促進方策を検討します。

国際委員会

国際展開・国際協調・国際貢献の三つの視点より、各国の規制当局・製薬団体との連携を深め、業界・会員会社が抱える国際的課題解決のための活動を行います。

環境安全委員会

地球環境保全ならびに労働安全衛生のあるべき姿を定め、会員会社の環境安全対策を支援します。製薬協の環境報告書の作成・公表、その他外部組織との対話など、社会とのコミュニケーションの向上にも努めます。

広報委員会

医薬品と製薬産業の認知向上と正しい理解を得るための活動を展開します。また、製薬協が主張する政策提言の実現に向け、積極的な広報活動を推進します。

患者団体連携推進委員会

患者団体と積極的に意見交換を行って相互理解を図り、患者視点に立った取り組みを検討し、患者団体とのより良い協働を図ります。また、「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」の周知徹底に努めます。

くすり相談対応検討会

国民への医薬品情報提供および企業くすり相談窓口の在り方等を検討・提言することで、信頼性およびその認知度の向上を図り、「患者参加型医療」に貢献します。


医薬産業政策研究所

製薬産業が社会に貢献し、健全な発展を遂げるために、中長期的な視点で、総合的な政策研究や各種課題に対応した調査研究を行います。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM