製薬協について 製薬協について

医薬品と製薬産業へのより正しい理解を得るために

目次

医薬品がその役割を果たし、社会的にその価値が認められるためには的確な情報とその理解が不可欠です。製薬協では、幅広い関係者に向けて医薬品に関するさまざまな情報を発信。医薬品と製薬産業に関する理解を深めていただけるよう積極的な広報活動を展開しています。

患者さんとのコミュニケーション

図

患者会などに対するサポート活動
患者団体およびそのサポート団体などを対象に患者会活動に役立つ情報提供を目的としたセミナーやシンポジウム、医療施設見学会などを開催。また、慢性疾患の患者さんが自分らしく病気と付き合うことを目的に開発されたプログラムの普及と定着をめざすNPO法人「日本慢性疾患セルフマネジメント協会(CDSM)」の活動をサポートしています。

役立つ情報の提供
図患者さんが必要とする情報にスムーズにアクセスできるよう、製薬協ウェブサイトに「患者会リンク集」や「くすりの情報」コーナーを設けるなど、患者さんの利便性を考慮した情報環境の整備・充実に努めています。

行政やメディアへの情報発信

世界の医療に貢献する産業をめざして
図 行政機関やメディア、オピニオンリーダーなどに働きかけ、各種セミナーやイベントなどを企画。医療や製薬産業のあるべき姿などについての論議の場を設けることで、「世界の医療と患者さんの健康に貢献する産業」の実現をめざしています。

海外関係団体との連携強化
国際製薬団体連合会(IFPMA)や米国研究製薬工業協会(PhRMA)などとの協力をもとに、相互に情報交換を密にし、製薬産業に対する理解促進のための情報発信活動を展開しています。

より幅広い対象への広報活動 

図

イベントやメディアを通じた情報発信
「市民公開シンポジウム」やテレビの特別番組の制作、くすりや医薬品産業の啓発キャンペーン「グッドコミュニケーション」などを通じて、広く医療消費者に対して、くすりと医薬品産業について正しく理解していただけるよう、情報発信活動を推進しています。

図

若年層への啓発・教育活動
小学生や中学生などを対象にくすりについての正しい知識を持ってもらえるよう、「製薬工場や研究所への見学会」や「出前授業」「くすりゼミナール」などさまざまなイベントを開催しています。

ウェブサイトなどによる情報提供
製薬協からのメッセージや提言、製薬協の各種活動、くすりに関する情報など最新の情報をウェブサイトで広く発信。また、くすりに関する正しい理解のための各種パンフレットのほか、製薬協の活動や主張をわかりやすく伝える「製薬協ニューズレター」なども発行しています。

図

Column

図

より良い「広報」のために
製薬協の広報委員会では、加盟各社の広報担当者との情報共有の場として「広報セミナー」や「広報研究会」を定期的に開催。製薬産業や広報活動を取り巻く課題について情報収集するとともに、積極的に意見を交換しています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM