製薬協について 製薬協について

私たちは優れた創薬科学技術を通じ世界の人々の健康と福祉に貢献します

目次
革新的な医薬品の創製のための
研究開発基盤の強化に取り組みます


私たち製薬協加盟企業は、革新的で有用性の高い新薬を開発し医療の現場に提供していくことで、世界の人々の健康と福祉の向上に貢献することを目指しています。日本の製薬産業の創薬技術は高い水準にあり、日本発でグローバルに使用されている医薬品も多数にのぼります。一方、生命科学の目覚ましい進歩により、遺伝子(ゲノミクス)からタンパク質の機能解析(プロテオミクス)、さらに再生医療など、今後の医療の革新につながるような新しい技術の研究が急速に進んでいます。これらの新しい技術を優れた医薬品の創製にいかに生かしていくかが重要な課題になっています。また、創製された新しいくすりをできるだけ早く世界の患者さんに提供していくため、医薬品の有効性・安全性・品質面での国際標準化も進んでいます。医薬品の世界においてもこのようにグローバル化が進む中、日本における研究開発をさらに活発化させるためには、治験をおこなう体制を充実させるなど創薬研究の基盤整備が必要です。製薬協は、日本の製薬産業の研究開発力および国際競争力を強化していくため、さまざまな活動に取り組んでいます。

イノベーションの価値に見合った
薬価の実現を提言していきます


医薬品の研究開発には長期にわたる年月と多額の投資を要するだけでなく、その成功確率は近年ますます低くなっています。医薬品の研究開発は、創製された化合物が「医薬品」として適正に使用されるための情報集積のプロセスであり、研究開発型の医薬品産業は、非常に高度な情報産業ともいえます。従って、現在、革新的で有用性の高い医薬品を継続的に創製していくことのできる国は、世界の先進国の中でもアメリカ、イギリス、日本などわずかしかありません。

日本の医薬品産業は、優れた研究開発力とグローバルに事業展開できる力をもっており、21世紀の日本経済に貢献する戦略産業と期待されています。しかし、私たちが世界の医療に貢献していくためには、産業としての競争力を維持していかなければなりません。私たちは、革新的な医薬品が有するイノベーションの価値が適切に反映される薬価の実現と、知的財産権に対する適切な保護が得られるよう、積極的に提言していきます。

「患者中心の医療」の実現と若年層への理解促進を目指して、
広報活動を強化していきます


私たちは、「製薬産業を見える産業に」をスローガンに、医薬品と製薬産業の役割と医療への貢献を一般生活者の方々にご理解いただくため、さまざまな広報活動をおこなっています。中でも、患者中心の医療実現に向けて、患者会とのコミュニケーション強化に重点的に取り組んでいます。患者さんが意思決定の主体となるためには、患者さんと医療関係者のパートナーシップが不可欠ですが、同時に医療・医薬品情報の提供など患者支援体制の構築が大切です。製薬協は、多くの患者会とネットワークをもっています。引き続きその充実に努めるとともに、患者会の活動を継続してサポートしていきます。また、小・中学生を中心とする若年層に対する理解促進の活動にも積極的に取り組んでいきます。

青木 初夫 日本製薬工業協会会長




青木 初夫 日本製薬工業協会会長
1936年生まれ
60年 東京大学農学部農芸化学科卒業、藤沢薬品工業(株)入社
99年 4月アステラス製薬(株)代表取締役会長に就任
04年 5月日本製薬工業協会会長に就任
製薬協とは
製薬協は、研究開発志向型の製薬企業75社(2006年5月現在)が加盟する任意団体です。患者中心の医療への貢献をモットーとし、医療用医薬品を対象とした新薬の開発を通じて世界の医療に貢献してきました。製薬産業に共通する諸問題の解決、医薬品に対する社会的理解を深めるための活動、国際的な連携活動など、さらなる多角的な事業を展開。特に政策策定と提言活動の強化、国際化への対応、広報体制の強化を通じて、製薬産業の健全な発展に寄与してまいります。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM