製薬協について 製薬協について

臨床試験結果の論文公表に関するIFPMA共同指針(2010.6.10)

IFPMA(国際製薬団体連合会)の「臨床試験結果の医学雑誌における論文公表に関する共同指針」が2010年6月10日にIFPMAで承認され発効しました。日本製薬工業協会(JPMA)を始め、欧州製薬団体連合会(EFPIA)及び米国研究製薬工業協会(PhRMA)の各団体、それらの会員企業はこの指針において、少なくとも、企業が依頼する全ての第Ⅲ相臨床試験の結果、その他医学的に重要と判断される試験結果を、論文審査のある医学雑誌に投稿することを約束します。この新しい共同指針は、結果の良し悪しに関わらず、その適用範囲内の全試験結果について、投稿を義務付けています。

このIFPMA共同指針は、IFPMA承認に先立ち、JPMAを始め、EFPIA及びPhRMAにて承認されたものです。

PDFのご利用には、Acrobat Reader日本語版が必要です。Acrobat Reader日本語版は、アドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM