製薬協について 製薬協について

臨床試験データ提供に関するIFPMAポリシー(2018.01.15)

IFPMA(国際製薬団体連合)の「臨床試験データ提供に関するポリシー」が2018年1月15日にIFPMAで発行されました。日本製薬工業協会(JPMA)を始め、IFPMAの各団体、会員企業はこのポリシーに則り、臨床試験データの提供を行っていきます。このポリシーでは、以下の5つのコミットメントがあります。

1.研究者への個別データを含む試験データ開示の強化
2.臨床研究情報への一般アクセスの強化
3.被験者への臨床試験結果の共有
4.臨床試験データ公開手続きの明確化
5.臨床試験結果の公表に対するコミットメントの再確認

PDFのご利用には、Acrobat Reader日本語版が必要です。Acrobat Reader日本語版は、アドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 情報番組「知りなっせ!聞きなっせ!~たいが気になるおくすり事情~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM