製薬協について 製薬協について

製薬協企業行動憲章(2011年3月16日)

製薬企業は、市場経済を通じて相互に公正な競争に基づいた営業活動を行うとともに、医療の一端を担う生命関連企業として、高度の倫理性に根ざした生命科学の追求が求められている。日本製薬工業協会では、過去の経験を謙虚に反省し、今後の進むべき正しい方向に向うべく、1997年11月、製薬協企業行動憲章を会員企業の自主的規範として策定し、2004年11月に改定を行った。その後、諸般の情勢を勘案し2011年3月に改定を行った。本憲章を遵守することにより、会員企業が社会の信頼と共感を獲得し将来展望を拓くことを決意する。


このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM