製薬協について 製薬協について

IFPMAコード・オブ・プラクティス

「IFPMAコード・オブ・プラクティス」(以下、IFPMAコード) は1981年に制定され、その後数回の改定が加えられ、現在のコードは2012年に承認されたものです。医療関係者に対する医薬品の倫理的なプロモーションおよび加盟企業と医療関係者との交流について、IFPMAが定めた製薬産業の国際的自主基準であったものが、2012年の改定では、対象範囲をマーケティング活動だけではなく、企業活動全般に拡大し、医療関係者だけでなく医療機関や患者団体等のステークホルダーも対象としたことから、「IFPMA医薬品マーケティングコード」から「IFPMAコード・オブ・プラクティス」に名称が変更されました。日本製薬工業協会が制定する「製薬協コード・オブ・プラクティス」は、本IFPMAコードの考え方に則っています。

PDFのご利用には、Acrobat Reader日本語版が必要です。Acrobat Reader日本語版は、アドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM