製薬協について 製薬協について

IFPMAコード・オブ・プラクティス

「IFPMAコード・オブ・プラクティス」(以下、IFPMAコード)は1981年に制定され、その後数回の改定が加えられ、現在のコードは2018年に承認されたものです。IFPMAコードは医療関係者に対する医薬品の倫理的なプロモーションおよび加盟企業と医療関係者との交流について、IFPMAが定めた製薬産業の国際的自主基準であり、2018年の改定では、これまでの医薬品の倫理的なプロモーションに関するガイディング・プリンシプル(指針)を改め、IFPMAの加盟企業およびその代理人として行動するすべての者に適用されるEthos(エトス:精神)を示しました。日本製薬工業協会が制定する「製薬協コード・オブ・プラクティス」は、本IFPMAコードの考え方に沿っています。

PDFのご利用には、Acrobat Reader日本語版が必要です。Acrobat Reader日本語版は、アドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 薬剤耐性菌(AMR) アクションファンド 設立発表 記者会見  2020年7月10日
  • やまぐち!ブチ元気!~もっと知りたいくすりの話~
  • 夢のメディ神殿 2020スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM