新着情報

Pick Up

新有効成分含有医薬品の特許期間と再審査期間の比較

2000~2016年に日本において承認された新有効成分含有医薬品(NME)のうち、特許満了日と再審査期間終了日のデータを抽出できた390品目について、特許残余期間(医薬品承認日から特許満了日までの期間)と再審査期間のどちらが長いかを調査しました。対象品目のうち、293品目(75%)で、特許残余期間の方が長いという結果が得られ、そのうち228品目(全NMEの58%)では特許残余期間が2年よりも長いことがわかりました。一方で再審査期間が2年よりも長い品目も56品目(全NMEの14%)あることがわかりました。(主任研究員 佐藤一)
詳細は政策研ニュースNo.51をご覧下さい。

産業調査データベース(会員会社専用)製薬協
ページ上部へ