新着情報

Pick Up

臨床開発品目の作用機序

1990年以降、臨床試験のいずれかのステージにあった新規開発品 (9,953品目) を対象として、分子レベルあるいは細胞レベルでの作用機序を調査しました。
その結果、作用機序は合計で1,483種類あり、この内、承認された新薬 (1,195品目) の作用機序は424種類、新規の作用機序で開発中であるものが650種類、
全ての品目の開発が中止されたものは409種類です。承認品と同じ作用機序 (257種類)を有する品目がフォロー・オンとして臨床試験中であり、新規の作用機序とあわせると、
現在開発中の品目の作用機序は907種類となります。 (首席研究員 西角)

 

産業調査データベース(会員会社専用)製薬協
ページ上部へ