販売店ごとの違い 販売店ごとの違い 販売店ごとの違い

くすりには、いろんな種類と、いろんな形があるのはどうしてだと思いますか?そのナゾを一緒に解決していきましょう!

病院とドラッグストアのくすりの違いは?
病院とドラッグストアのくすりの違いは?

くすりには、医療用(いりょうよう)医薬品と、一般用(いっぱんよう)医薬品というものがあります。
医療用(いりょうよう)医薬品は、医師の診察(しんさつ)を受けて 処方(しょほう) してもらうくすりのことです。くすりの効果が強く、 副作用 への注意も必要なので、病院か 薬局 でしか扱(あつか)いません。
一般用(いっぱんよう)医薬品は、薬局だけでなく ドラッグストア などで買えるもので、くすりの使用時に必要な注意が多く専門家(せんもんか)(薬剤師(やくざいし)登録販売者(とうろくはんばいしゃ))が関与(かんよ)する必要性(ひつようせい)が高い順に、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に分類されます。また、 OTC医薬品 ともよばれ、OTC医薬品の大部分は、病院でもらうくすりよりも効(き)き目がおだやかです。
しかし、副作用が現れることもあるので、お店の 薬剤師(やくざいし) や 登録販売者(とうろくはんばいしゃ) に相談しながら、自分に合ったくすりを選んで買うようにしましょう。

医薬品とは
医薬品とは 病院で医師が処方(しょほう)してくれるくすりや、ドラッグストアで買うことができるくすりをまとめて医薬品と言います。
医薬品は、病気の予防や 治療(ちりょう) ・診断(しんだん)が目的で、 厚生労働大臣 や都道府県知事が認(みと)めたものに限ります。

ドラッグストアなどで買えるくすりは、安全を一番に考えたものです。

コンビニエンスストアで買えるくすり
コンビニエンスストアで買えるくすり

くすりの法律(ほうりつ)である 薬機法(やっきほう) の改正により、安全性が高いと認(みと)められたくすりが、コンビニエンスストアやスーパーでも買えるようになりました。

急におなかが痛(いた)くなったときなど、いつでもくすりを買うことができます。しかし、便利になったからこそ、くすりには「 副作用 」があることをわすれず、くすりに関する正しい知識を持つことが大切です。
くすりを買うときは 薬剤師(やくざいし)登録販売者(とうろくはんばいしゃ) に相談しましょう。
また、くすりを使用する前には、おうちの人と一緒(いっしょ)に使用説明書を読みましょう。

コンビニエンスストアで買えるくすり
くすりを買うときは薬剤師(やくざいし)や登録販売者(とうろくはんばいしゃ)に相談しましょう。
くすりを買うときは薬剤師(やくざいし)や登録販売者(とうろくはんばいしゃ)に相談しましょう。
submitsubmit

みんなにも教えよう!

  • twitter
  • facebook
  • line

監修 望月眞弓(慶應義塾大学薬学部 医薬品情報学講座 教授)