企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン製薬協について

「公開対象の各項目について」

目次

Q19
講演謝金、原稿執筆料・監修料、コンサルティング等業務委託費とはどのようなものですか?
A19
製薬会社では、各治療分野の専門家と契約し、新薬開発などの際にアドバイスを受けたり、薬が患者さんに安全かつ適正に使用されるよう講演や原稿執筆などを依頼して広く情報提供を行っています。そのような委託業務に対する費用を指します。
製薬協会員会社は、特定の疾患領域の専門家と契約し、企業が行う新薬開発や、市販後の情報提供を計画する際に、専門的な見地からのアドバイスをいただくことがあります。これらの活動における専門家の選定基準や対価の支払いは製薬協自主基準である「製薬協コード・オブ・プラクティス」や医療用医薬品製造販売業公正取引協議会が定める業界自主ルールの「医療用医薬品製造販売業公正競争規約」等のもとに会員各社がより具体的なルールを定めて実施しています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM