企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン製薬協について

「患者さん・消費者・医療関係者への影響について」

目次

Q13
製薬企業が医療関係者等に金銭を支払うことにより、医療機関の活動や判断が歪むようなことはありませんか?
A13
そのようなことのないよう、自主基準「透明性ガイドライン」を策定して製薬企業から医療関係者等への費用を公開しています。
製薬企業が医療機関に金銭を支払うことにより、医療関係者等の活動や判断が歪むようなことはあってはならないことですが、医療関係者等の判断に何らかの影響を及ぼしているのではないかとの懸念を持たれる可能性は否定できません。そうした懸念があればこそ、透明性ガイドラインによる情報公開により、製薬企業と医療関係者等との利益相反状態を開示し、透明性・公正性・中立性を高める活動を担保しようと考えました。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM