刊行物

リサーチペーパー

日本における新医薬品の臨床開発と承認審査

石橋 太郎 (医薬産業政策研究所 主任研究員)
小野 俊介 (東京大学大学院薬学系研究科 医薬品評価科学講座 准教授)

(No. 47:平成21年10月発行)

 2000~2008年に国内で承認された新医薬品を対象に、臨床開発期間(初回治験計画届提出日~承認申請日)、審査期間(承認申請日~承認日)、両者を合わせた開発期間(初回治験計画届提出日~承認日)の推移およびその長さと関係する因子を検討した。

 臨床開発期間は2000~2008年の中央値が59.5ヵ月(5.0年)、2008年が44.6ヵ月(3.7年)であり、開発戦略の多様化を反映してその変動やばらつきが大きかった。国内承認申請の根拠資料としての外国臨床データの利用が増加しており、期間短縮に貢献していた。審査期間は9年間を通した中央値が20.6ヵ月(1.7年)、2008年が19.0ヵ月(1.6年)であり、2004年4月のPMDA設立後短縮傾向にあったが、審査期間の約3分の2を占める初回面談後照会事項の回答提出から追加照会事項を経て専門協議に至るプロセスでは、経時的な期間短縮が認められなかった。

 臨床開発期間、審査期間および開発期間の長さと承認品目、申請企業、臨床開発および承認審査に関わる因子の関係を回帰分析した結果、国内臨床試験を実施した品目ではNME以外、承認条件あり、外国臨床データを評価資料として添付した品目の臨床開発期間は有意に短かった。審査期間に関しては、PMDA設立後の申請と優先審査品目は有意に短かった。また、申請前相談を実施した品目の審査期間は有意に短かった反面、臨床開発期間は長かった。

 申請者のPMDAに対する評価は向上しているが、「革新的医薬品・医療機器創出のための5ヵ年戦略」を受けて掲げた2011年度の目標値達成に向け、行政および申請者双方の持ち時間をさらに短縮するには、PMDA職員の増員、事前評価相談制度の導入、審査の進捗管理の強化等に加え、標準的な審査タイムラインの明示、照会事項の効率化、薬事・食品衛生審議会の見直しといった方策も検討する必要がある。

 Changes in clinical development time (initial clinical trial plan notification (CTPN) to NDA), review time (NDA to approval), and development time (initial CTPN to approval) of new drugs approved in Japan during 2000 - 2008 were evaluated.

Clinical development times were fluctuating, with a median of 59.5 months (5.0 years) during 2000 - 2008 and 44.6 months (3.7 years) in 2008. Dispersions were also large, reflecting the diversification of development strategies. Use of foreign clinical data in Japanese NDAs was increasing and contributing to abridge clinical development times. Review times were on a decline since the establishment of PMDA in April 2004, with a median of 20.6 months (1.7 years) and 19.0 months (1.6 years) in 2000 - 2008 and 2008, respectively. No improvement, however, was observed in the time spent from submission of responses to the first set of queries after the Interview Meeting and subsequent queries to the Expert Meeting, which accounted for two-thirds of the review time.

Multiple regression analyses to estimate factors associated with the length of the three time periods suggested that clinical development times were significantly shorter in non-NMEs, conditional approvals, and drugs utilizing foreign clinical data. Results also indicated that review times were significantly shorter in NDAs submitted to PMDA after April 2004 and drugs designated as priority reviews. Conduct of pre-NDA consultations with PMDA shortened the review process but prolonged clinical development.

The applicants’ evaluation of PMDA’s recent performance is rising. Nevertheless, measures such as standardized review timelines with clear milestones, efficient query-and-response procedures, and re-examination of the role of the Pharmaceutical Affairs and Food Sanitation Council should be considered, in addition to the ongoing increase in PMDA staff, implication of pre-NDA evaluation consultations, and strict time management, to further shorten the process time of both the regulatory agencies and applicants and achieve the target review time set for fiscal year 2011 in light of the 5-Year Strategy for the Creation of Innovative Pharmaceuticals and Medical Devices.

PDFファイルをダウンロード


バックナンバーに戻る

Acrobat Reader

プリンタ等で出力できるPDFでリサーチペーパーをご覧いただけます。
PDFのご利用には、Acrobat Reader日本語版が必要です。
Acrobat Reader日本語版は、アドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

ページ上部へ