くすりについてくすりについて

ドラッグラグを解消することはできないのですか?

治験の疑問に答えます(34) 目次
Q.ドラッグラグを解消することはできないのですか?
A.ドラッグラグを解消するため、医療関係者、製薬会社および厚生労働省が日々努力をしています。

もっと詳しく見てみましょう
国際共同治験(Q36参照)といって日本と複数の国が治験を同時に実施すること、海外の治験データを用いて国内の治験を早期に終了することでこのドラッグラグを解消するように努力しています。さらに、厚生労働省はくすりの承認審査をおこなう審査官を増員するなどして、発売までの期間を短くする対策を講じています。
このように、ドラッグラグ解消のため医療関係者、製薬会社および厚生労働省にて、さまざまな取り組みを進めています。

ドラッグラグは、Q33を参照してください。
ドラッグラグの解消のための取組みは、以下の日本製薬工業協会のホームページで紹介されています。

日本製薬工業協会
http://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/info_qa55/q51.html

<<前の質問 次の質問>>

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM