くすりについてくすりについて

どうして研究室での実験だけではくすりにならないの?

治験の疑問に答えます(8) 目次
Q.どうして研究室での実験だけではくすりにならないの?
A.動物を用いた研究や研究室で実施した実験では限界があります。

もっと詳しく見てみましょう
実験等だけでくすりができることが理想ですが、科学が進んだ現在でも、人の体についてわからないことが沢山あります。そこで、いろいろな実験を繰り返し行い、人が服用しても十分安全だと確認されたくすりの候補だけが次の段階に進むことになります。次の段階は、治験と呼びます。治験とは、実際に患者さんに服用していただき、くすりの候補の効き目と副作用を慎重に確認する段階で、どうしてもくすりの開発に必要な過程です。

何段階ものプロセスを経て、新薬は誕生するのです
<<前の質問 次の質問>>

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM