くすりについてくすりについて

リスクに基づくモニタリング(Risk Based Monitoring)の導入状況と課題に関する実態調査結果

医薬品評価委員会データサイエンス部会2014年度継続タスクフォース5では、2014年7月に医薬品評価委員会データサイエンス部会参加会社を対象に実施した、リスクに基づくモニタリング(RBM)の導入状況と課題に関する実態調査について、とりまとました。一部の内容は2014年DIA日本年会にて発表されています。
本調査結果がRBMの実装の一助となれば幸いです。




このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM