くすりについてくすりについて

治験における医療機関費用の適正化に関する検討

 医薬品評価委員会臨床評価部会2014年度タスクフォース2では、治験における医療機関費用の適正化について検討しました。国内における医療機関ごとの費用算定のばらつきを明らかにするとともに、主要諸外国(米国、英国、アジア諸国)における費用算定基準、支払い方法等について調査し、日本と海外の違いについて明らかにしました。また、日本の治験費用算定方法、支払方法が国際的に透明性を持つための提案について述べています。本資料が、日本の治験費用について考える材料となれば幸いです。



このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 薬剤耐性菌(AMR) アクションファンド 設立発表 記者会見  2020年7月10日
  • やまぐち!ブチ元気!~もっと知りたいくすりの話~
  • 夢のメディ神殿 2020スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM