「くすり研究所」楽しく学ぼう「くすり」のこと 小中学生のためのくすり授業

先生・保護者の方へ

  • 学ぶ・調べる「研究棟 トップへ」
  • 楽しむ・参加する「カフェテリア トップへ」

5階・調査室 くすりの役割

副作用はなぜ起こるのですか

副作用が起こる主な原因には、
 ○くすりの性質によるもの
 ○くすりの使い方によるもの
 ○くすりを使う人の体質によるもの
 ○くすりを使用したきの体の状態によるもの
などがあります。

また、複数のくすりを使用した場合や、くすりを使用したとき、一緒(いっしょ)に口にする食べ物・飲み物によって、予想外の作用が現れたり、くすりの効(き)き目が強くなったり弱くなったりするなどの変化が起こる場合があります。これを相互作用(そうごさよう)と言います。

【マメ知識】くすりの副作用をさけるには?

くすりの副作用をさけるには?

1. 他の人が病院でもらったくすりを使うことはやめましょう。
2. 症状(しょうじょう)が似ているからと言って、前に病院でもらったくすりを使うことはやめましょう。
3. 他に飲んでいるくすりがあれば、医師・薬剤師(やくざいし)に伝え、いっしょに飲んでもよいかチェックしてもらいましょう。
4. くすりで気になることがあったら、自分で判断せずに、医師・薬剤師(やくざいし)、おうちの人に相談しましょう。

副作用の原因には、くすりの成分の影響(えいきょう)や、くすりと体質との相性、くすりの使い方のまちがいなど、いろいろあります。