「くすり研究所」楽しく学ぼう「くすり」のこと 小中学生のためのくすり授業

先生・保護者の方へ

  • 学ぶ・調べる「研究棟 トップへ」
  • 楽しむ・参加する「カフェテリア トップへ」

4階・実験室 くすりの正しい使い方

友だちにくすりをあげたり、もらったりして良いですか?

病院でもらったくすりは、その人の症状(しょうじょう)、体質、体力、年令などに合わせた、その人専用(せんよう)のくすりになります。

ですから、そのくすりはだれにでも合うものではありません。他の人が飲んだらアレルギーを起こしたりすることがあります。実際に、他の人のくすりを飲んで、亡(な)くなってしまった人もいるのです。

自分がもらったくすりをあげるということは、とても危険(きけん)なことです。反対に、他の人のくすりを自分がもらうことも、危険(きけん)ですので絶対にしてはいけません。

自分がもらったくすりは、だれにでも合うものではありません。他人にあげることも、もらうことも絶対にしてはいけません。