「くすり研究所」楽しく学ぼう「くすり」のこと 小中学生のためのくすり授業

先生・保護者の方へ

  • 学ぶ・調べる「研究棟 トップへ」
  • 楽しむ・参加する「カフェテリア トップへ」

1階・資料室 くすりの歩み

くすりの未来予想図

今、1人1人に合わせた治療(ちりょう)をおこなう「オーダーメイド医療(いりょう)」が注目されています。

同じくすりを飲んでも、効果が現れる人とそうでない人、副作用がでる人とでない人など、反応には個人差があります。しかし、患者さんの遺伝子(いでんし)を調べることによって、その人により適したくすりを見つけることができるようになりつつあります。このように、患者(かんじゃ)さんの遺伝子(いでんし)タイプを診断(しんだん)し、患者(かんじゃ) さん1人1人に合うくすりを見つけて治療(ちりょう)に生かす医療(いりょう)がオーダーメイド医療のひとつです。

オーダーメイド医療(いりょう)は、効果のでる人、でない人、副作用のでそうな人、でない人をあらかじめ予測して、くすりを選び治療するという、くすりによる治療(ちりょう)の新しい形として、今後の成果が期待されています。