「くすり研究所」楽しく学ぼう「くすり」のこと 小中学生のためのくすり授業

先生・保護者の方へ

  • 学ぶ・調べる「研究棟 トップへ」
  • 楽しむ・参加する「カフェテリア トップへ」

1階・資料室 くすりの歩み

くすりの進化

病院やドラッグストアで購入(こうにゅう)しているくすりの99%近くは、実は50年ほど前には世の中に存在(そんざい)していませんでした。今あるくすりのほとんどが、この50年あまりの間に新しく開発されたものなのです。

いろいろなくすりがつくられるようになった理由には、科学の進歩により病気になる原因や仕組みがわかってきたこと、くすりをつくるための知識や技術が発達したこと、そして、コンピュータをはじめとするすぐれた機械の誕生(たんじょう)により、くすりづくりが効率的に行われるようになったことが考えられます。

【マメ知識】生まれてからも育てられてゆくくすり

くすりは発売されたあとも、多くの患者さんに使われることによってさまざまな情報を得て、より安全な使い方の検討や、より使いやすいくすりへの改善が行われます。
一度世の中に出たあとでも、くすりは日々育てられているのです。