「くすり研究所」楽しく学ぼう「くすり」のこと 小中学生のためのくすり授業

先生・保護者の方へ

  • 学ぶ・調べる「研究棟 トップへ」
  • 楽しむ・参加する「カフェテリア トップへ」

1階・資料室 くすりの歩み

パスツールフランス 細菌学者(さいきんがくしゃ)
ワクチンを使った予防接種や、さまざまなワクチンを開発

パスツールに感謝した人々が研究所をプレゼントしたって本当?

世界中の人々の寄付によりパスツール研究所を建設

狂犬病(きょうけんびょう)のワクチンを始め、数々の研究成果でパスツールはたくさんの人々の命を救ってきました。 パスツールの生まれた国・フランスは、感謝の気持ちとして研究所を贈(おく)ることを決定。世界中からも寄付が寄せられ、1888年にパスツール研究所が完成しました。

ここでは今でも、微生物(びせいぶつ)と伝染病(でんせんびょう)の研究が続けられています。エイズウイルス(HIV)を発見したのも、パスツール研究所です。

パスツールが抱(いだ)き続けた研究への情熱は、120年以上たった今も、しっかりと受けつがれています。