グローバルヘルスグローバルヘルス

United Nations High Level Panel(UNHLP)

国連事務総長の潘基文氏の発案により、国連が主導して医薬品アクセス問題に対して提言を行う国連ハイレベル・パネル(UN HLP)が組織され、アフォーダブルな非感染性疾患や感染症の医薬品アクセス改善のための勧告書が国連に提出されることになりました。
これを受け国際製薬団体連合会(IFPMA)はUN HLPに対して意見書を提出しました。
意見書の中でIFPMAは、医薬品アクセスにとって知的財産が持つ価値の証拠に加え、医薬品アクセスの改善をもたらす実行可能なソリューションを提示し、ユニバーサルヘルスカバレッジを追求しながら、これらの最も一般的な実際的障壁に取り組むには、長期的に実行可能であるとともに実際的に導入可能な協働活動と革新的ソリューションが必要であることを訴えました。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 情報番組「知りなっせ!聞きなっせ!~たいが気になるおくすり事情~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM