イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

平成26年3月期決算の概要と平成27年3月期業績見込み(東証一部上場27社集計版)を追加

(対象:東証一部上場27社~12月決算2社、2月決算1社を含む)

(1)平成26年3月期決算の概況

(億円未満切捨て)

  平成25年3月期 平成26年3月期 増減
金額売上比金額売上比
 
売上高
億円
89,007
100.0
億円
98,145
100.0
億円
+ 9,138
+ 10.3
[国 内]

[海 外]
※1
55,765
(52,352)
33,241
(32,742)
62.7
(61.5)
37.3
(38.5)

(53,367)

(40,517)

(56.8)

(43.2)

(+ 1,015)

(+ 7,775)

(+ 1.9)

(+ 23.7)
売上原価 30,359 34.1 33,073 33.7 + 2,714 + 8.9
売上総利益 58,648 65.9 65,072 66.3 + 6,424 + 11.0
販売管理費 47,138 53.0 52,185 53.2 + 5,047 + 10.7
営業利益 11,509 12.9 12,885 13.1 + 1,376 + 12.0
経常利益
※2
11,689
(11,350)
13.1
(13.0)
 
(12,501)
 
(12.5)
 
(+716)
 
(+6.3)
法人税等
※3
2,940
(2,598)
3.3
(3.5)
 
(3,857)
 
(4.7)
 
(+1,259)
 
(+48.5)
当期純利益 8,328 9.4 8,099 8.3 △ 229 △ 2.7
研究開発費
※4
14,847
(14,296)
16.7
(16.8)


(15,770)


(16.8)

(+ 1,474)

(+ 10.3)

※1 売上高の内訳は、日本基準未発表の中外を除く26社の集計を( )で表示
※2 経常利益は、日本基準未発表の小野を除く26社の集計を下段に( )で表示
※3 法人税等は、日本基準未発表の小野、第一三共を除く25社の集計を下段に( )で表示
※4 研究開発費は、日本基準未発表の中外を除く26社の集計を( )で表示


当期は、国内売上は微増にとどまったが、好調な海外売上に牽引され、売上高が増加した。新製品への積極的な投資や為替が円安にふれたこと等による売上原価と販売管理費の増加はあったものの、売上伸張で営業利益、経常利益は増益となった。当期純利益については、前期法人税の還付金等の影響により、前期比では減益となった。

  1. 売上高については、
    1. 全体で前期比9,138億円増(+10.3%)の9兆8,145億円となった(増収23社、減収4社)。
    2. 海外は、自社製品の売上増に加え、ロイヤルティー収入の増加、為替の円安による増収効果もあり、前期比7,775億円増(+23.7%)の4兆517億円と伸長した。
    3. 国内は、新製品や主力品が伸長する一方で、長期収載品の減収も見られ、全体として1.9%の微増にとどまった。
  2. 売上総利益は、売り上げの伸長とともに、売上原価率が33.7%と0.4ポイント改善したことも貢献し、前期比11.0%の増益となった。
  3. 販売管理費は、海外への積極的な事業展開に為替の円安の増加要因が加わり、前期に比べ10.7%増加した。
  4. この結果、営業利益は前期比12.0%の増益の1兆2,885億円(増益19社、減益8社)、小野薬品工業を除く経常利益は1兆2,501億円(増益19社、減益7社)となり、営業利益率は前期比0.2ポイント増の13.1%、経常利益率は0.5ポイント減の12.5%とやや低下した。
  5. 当期純利益については、前期比2.7%の減益(増益17社、減益10社)となった。

(2)平成27年3月期業績見込み

(億円未満切捨て)

  平成26年3月期(実績) 平成27年3月期(予想) ※5増 減
金額 売上比 金額 売上比
売上高
億円
98,145
100.0
億円
93,885
100.0
億円
△ 4,260
△ 4.3

当期純利益
※6

8,099
(7,593)

(8.1)

(7,613)

(8.5)
+ 20 + 0.3

※5 武田、アステラス、第一三共、エーザイ、中外、小野の平成27年3月期予想はIFRSの値、大塚HDの平成27年3月期予想は決算期変更
    による9ヶ月の値を集計

※6 当期純利益は、未発表の中外を除く26社の集計を( )で表示

平成27年3月期予想を武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、中外製薬、小野薬品工業がIFRSで発表しており、大塚ホールディングスが決算期を12月に変更したことにより9か月の業績予想となっているため、前年度との直接的な比較はできないが、売上高は前期比で4,260億円減少し、9兆3,885億円となる見通しである。

以上

PDF

pdf形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で提供されています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM