イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

「第3回 アジア製薬団体連携会議」開催を受けて
-アジア発医薬品創出のインフラ構築に向けてのロードマップを描く-

2014年4月11日
日本製薬工業協会
会長 手代木 功

 4月10日から11日にかけて、「第3回 アジア製薬団体連携会議;Asia Partnership Conference of Pharmaceutical Associations (APAC)」が「革新的な医薬品をアジアの人々に速やかに届ける」というミッションのもと、「アジア発医薬品創出のインフラ構築に向けてのロードマップを描く」をテーマとし開催されました。
日本製薬工業協会といたしましては、下記の合意事項に基づき、今後もアジアの製薬団体・規制当局等と協力・連携し、様々な課題の解決に取り組んでまいります。

全体

  • ミッション実現のために、アジア各国の信頼関係をベースに、産学官連携のロードマップを描き、活動に必要な推進体制を段階的に構築する。

 

規制・許認可(Regulations and approvals;RA)

  • アジアにおける早期申請・承認実現に向けた提言を行い、各国規制当局と協議する。新薬承認審査結果の相互受け入れを目指し、承認要件の調和に向けた課題に取り組む。

 

創薬連携(Drug discovery alliancesDA)

  • 各国の現状とニーズに応じた二国間交流の場を構築し、アジア全体の産学官創薬オープンイノベーションのプラットフォームに発展させ、アジア発創薬を実現させる。

 

その他

  • 第4回APACは、2015年、東京で開催する。

本件に関する問い合わせ先
TEL:03-3241-0326
日本製薬工業協会 広報部

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM