イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

平成25年3月期決算の概況と平成26年3月期業績見込み

(対象:東証一部上場27社~12月決算2社、2月決算1社を含む)

(1)平成25年3月期決算の概況

(億円未満切捨て)

  平成24年3月期 平成25年3月期 増減
金額売上比金額売上比
 
売上高
(国内)
(海外)
億円
86,787
55,348
31,439
100.0
63.8
36.2
億円
89,007
55,730
33,276
100.0
62.6
37.4
億円
+ 2,220
+ 382
+ 1,837
+ 2.6
+ 0.7
+ 5.8
売上原価 28,959 33.4 30,228 34.0 + 1,269 + 4.4
売上総利益 57,828 66.6 58,778 66.0 + 950 + 1.6
販売管理費 45,309 52.2 47,276 53.1 + 1,967 + 4.3
営業利益 12,519 14.4 11,502 12.9 △ 1,017 △ 8.1
営業外損益 益 2   益 187   △ + 185  
経常利益 12,522 14.4 11,689 13.1 △ 833 △ 6.7
特別損益 損 1,069   損 346   + 723  
法人税等 4,922   3,014   △ 1,908  
当期純利益 6,529 7.5 8,328 9.4 + 1,799 + 27.6
研究開発費 14,286 16.5 14,847 16.7 + 561 + 3.9

当期は、国内売上は微増にとどまったものの、海外売上が堅調で全体の売上高は増加した。
一方で売上原価と販売管理費が増加したことから、営業利益と経常利益は減益となった。ただ一時的に法人税等の大幅な減少や特別利益の増加により、当期純利益は増加した。

  1. 売上高については、
    1. 全体で前期比2,220億円増(+2.6%)の8兆9,007億円となった(増収20社、減収7社)。
    2. 海外は、自社販売製品の売上増に加え、前期比1,837億円増(+5.8%)の3兆3,276億円 となり、海外売上比率も37.4%(+1.2ポイント)と上昇した。
    3. 国内は、一部の主力品の伸長が売上増に貢献したものの、特許期間満了となった主力品や薬価改定などの影響もあり、前期比382億円の増加(+0.7%)と僅かな伸びにとどまった。
  2. 売上総利益は、売上原価率が34.0%と0.6ポイント上昇したが、前期比1.6%の増益となった。
  3. 販売管理費は、前期に比べ4.3%増加した。これは積極的な企業買収に加え、ライセンス導入契約などのR&D投資により、研究開発費が前期比3.9%増の561億円となったことなどによる。
  4. この結果、営業利益は前期比8.1%の減益(増益15社、減益12社)、経常利益は前期比6.7%の減益(増益16社、減益11社)となった。営業利益率は前期比1.5ポイント減の12.9%、経常利益率は1.3ポイント減の13.1%とやや低下した。
  5. 当期純利益については一時的な要因で法人税等が大きく減少、特別利益が増加したこと等により、前期比27.6%の増益(増益21社、減益6社)となった。

(2)平成26年3月期業績見込み

(億円未満切捨て)

  平成25年3月期(実績) 平成26年3月期(予想)増 減
金額 売上比 金額 売上比
売上高
億円
85,095
100.0
億円
91,018
100.0
億円
+ 5,923
+ 7.0
経常利益 10,935 12.9 11,792 13.0 + 857 + 7.8
当期純利益 7,846 9.2 7,762 8.5 △ 84 △ 1.1

注: 中外製薬を除く26社の集計(中外製薬は国際会計基準を次期から任意適用することに伴い、日本基準の業績見込みを発表していない)

売上高については、国内で薬価改定はなく、海外も主力製品の伸長等により当期比7.0%の増収となる見通しである。経常利益は当期比で7.8%の増益、純利益は今期の一時的な特別利益があったことなどから当期比で1.1%の減益と予想される。

以上

PDF

pdf形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で提供されています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM