イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

平成24年3月期 第2四半期決算の概況と通期業績見込み

(対象:東証一部上場26社~12月決算2社、2月決算1社を含む)

(1)平成24年3月期 第2四半期決算の概況

(億円未満切捨て)

 平成23年3月期
第2四半期決算
平成24年3月期
第2四半期決算
増減
金額売上比金額売上比
 
売上高
(国内)
(海外)
億円
41,923
25,477
16,446
100.0
60.8
39.2
億円
40,753
25,753
15,000
100.0
63.2
36.8
億円
△ 1,169
+ 276
△ 1,445
△ 2.8
+ 1.1
△ 8.8
売上原価 13,149 31.4 12,968 31.8 △ 180 △ 1.4
売上総利益 28,773 68.6 27,784 68.2 △ 988 △ 3.4
販売管理費 21,419 51.1 20,511 50.3 △ 908 △ 4.2
営業利益 7,354 17.5 7,273 17.8 △ 80 △ 1.1
営業外損益 損 8   益 45   + 54  
経常利益 7,345 17.5 7,319 18.0 △ 25 △ 0.4
特別損益 損 138   損 176   △ 38  
法人税等 2,631   2,687   + 55  
四半期純利益 4,575 10.9 4,455 10.9 △ 120 △ 2.6
研究開発費 6,749 16.1 6,335 15.5 △ 414 △ 6.1

(注1)大塚ホールディングスは、会計方針の変更に伴う遡及修正適用後の前年同期実績値を用いている。
(注2)大正製薬ホールディングスは大正製薬としての業績値である。

当期は、一部の海外主力品の特許期間満了に伴う後発品参入及び為替円高の影響による海外売上高の減少が、新製品による国内売上高の増加で補いきれず、売上高は減少した。利益面では、売上高は減少したものの販売管理費も減少したため、小幅な営業利益、経常利益の減益となった。四半期純利益は震災の影響も加わって減益幅が拡大した。

  1. 売上高については、
    1. 全体で前年同期から1,169億円(2.8%)の減収となった(増収14社、減収12社)。
    2. 国内は、非医薬事業の売却による売上高減に加え、後発品や販売権返還による減少があったものの、新製品を中心に増加したため、全体では前年同期から276億円(1.1%)増となった。
    3. 海外は、一部主力品での特許期間満了の影響に加え、為替円高のマイナス影響もあり大幅な売上減となったため、前年同期から1,445億円(8.8%)減となった。
  2. 売上総利益は、売上高の減少に加え、新製品発売などに伴う製品構成の変化で原価率が31.8%と0.4ポイント上昇した結果、前年同期比3.4%の減益となった。
  3. 販売管理費は、海外企業との提携費用減少や、研究開発費における導入関連費用の減少により、前年同期比4.2%の減少となった。
  4. この結果、営業利益は前年同期から1.1%減(増益16社、減益10社)、経常利益は0.4%減(増益18社、減益8社)と、いずれも微減となった。
  5. 四半期純利益については、経常利益の減少に加え、震災に伴う特別損失も110億円計上されたため、前年同期比2.6%の減益となった(増益17社、減益9社)。

(2)平成24年3月期 通期業績見込み

(億円未満切捨て)

  平成23年3月期
(実績)A
平成24年3月期
(修正予想)B
増減(B-A) 参考
(当初予想)C'対当初予想(B'-C')
売上高
億円
83,224
億円
83,291
億円
+ 67
+0.1
億円
81,241
億円
+ 176
+0.2
経常利益 13,217 11,880 △ 1,336 △ 10.1 12,844 △ 1,271 △ 9.9
当期純利益 8,077 7,273 △ 803 △ 10.0 7,958 △ 858 △10.8

(注1)大塚ホールディングスは、会計方針の変更に伴う遡及修正適用後の前期末実績値を用いている。
(注2)大正製薬ホールディングスは、前期末実績が大正製薬としての業績であり、修正予想は大正製薬ホールディングスとしての業績予想数値である。
(注3)久光と扶桑は当初予想を公表していないため、当初予想(C')と対当初予想(C'-B')は24社で集計している。

売上高は、下半期において、引続き為替円高や特許期間満了に伴う後発品参入等の影響が想定されるが、海外企業買収により補われるため、前年同期と比べて0.1%増となる見通しである。経常利益及び純利益は、海外企業の買収に伴う償却費用を含む販売管理費の増加により、前年同期からそれぞれ10.1%及び10.0%の減益となる見通しである。

以上

PDF

pdf形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で提供されています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM