イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

平成23年3月期決算の概況と平成24年3月期業績見込み

(対象:東証一部上場26社~12月決算2社、2月決算1社を含む)

(1)平成23年3月期決算の概況

(億円未満切捨て)

  平成22年3月期 平成23年3月期 増減
金額売上比金額売上比
 
売上高
(国内)
(海外)
億円
81,694
50,020
31,673
100.0
61.2
38.8
億円
82,850
51,532
31,318
100.0
62.2
37.8
億円
+ 1,156
+ 1,511
△ 354
+ 1.4
+ 3.0
△ 1.1
売上原価 25,360 31.0 26,556 32.1 + 1,195 + 4.7
売上総利益 56,333 69.0 56,294 67.9 △ 38 △ 0.1
販売管理費 42,848 52.4 43,307 52.3 + 458 + 1.1
営業利益 13,484 16.5 12,987 15.7 △ 497 △3.7
営業外損益 益 274   益 211   △ 62  
経常利益 13,758 16.8 13,198 15.9 △ 559 △ 4.1
特別損益 損 278   損 660   △ 382  
法人税等 4,851   4,473   △ 377  
当期純利益 8,629 10.6 8,063 9.7 △ 565 6.6
研究開発費 13,959 17.1 14,212 17.2 + 253 + 1.8

(注1)対象企業は昨年の集計対象企業に大塚HDを加え、田辺三菱を除いた26社である。
(注2)協和発酵キリンは決算期変更のため、前年実績は4月-12月の9カ月である。これを1月-12月の参考値で補正した場合、前期比は、売上高+0.2%、経常利益△4.3%、当期純利益△6.7%となる。

当期は、海外での主力商品の特許切れおよび円高影響などがあったものの、国内売上高が増加したため、全体として増収となった。しかし、売上原価、販売管理費の増加および東日本大震災等による特別損失拡大のため、営業利益、経常利益、当期純利益のいずれも減益となった。

  1. 売上高については、
    1. 全体で前期比1,156億円増(+1.4%)の8兆2,850億円となった(増収18社、減収8社)。
    2. 国内では、インフルエンザ関連薬剤の売上が大幅に減少し、また薬価改定が行われたため後発品のある薬剤を中心に売上が減少したが、新製品や新薬創出・適応外薬解消等促進加算対象の品目を中心に売上が伸長したため、前期比1,511億円(+3.0%)の増加となった。
    3. 海外では、企業の買収による売上増があったものの、欧米での特許切れ品の売上減少と為替変動による減収を補い切れず、前期比354億円(△1.1%)の減少となった。また、海外売上比率は37.8%(1.0ポイント減)となった。
  2. 売上総利益は、薬価改定や大型製品の売上減などにより売上原価率が32.1%と1.1ポイント上昇し、売上原価が1,195億円増加した結果、前期比38億円の微減となった。
  3. 販管費は、金額ベースでは増加したものの売上高比率は前期に比べ0.1ポイント減少した。為替影響による海外分の販管費減少があったものの、ライセンス導入契約や企業買収などの積極的な投資があったため、研究開発費、その他販管費共に増加し、前期比458億円の増加となった。
  4. この結果、営業利益は前期比3.7%(増益12社、減益14社)、経常利益は前期比4.1%(増益13社、減益13社)の減益となった。
  5. 当期純利益については、東日本大震災による特別損失が221億円計上され、また海外子会社の事業構造改革や震災に因らない除却損・減損等の影響もあったため、特別損益が前年より382億円悪化した結果、565億円の減益(増益12社、減益14社)となった。

(2)平成24年3月期業績見込み

(億円未満切捨て)

  平成23年3月期(実績) 平成24年3月期(予想)増 減
金額 売上比 金額 売上比
売上高
億円
81,004
100.0
億円
81,241
100.0
億円
+ 236
+ 0.3
経常利益 12,849 15.9 12,844 15.8 △ 5 △ 0.0
当期純利益 7,842 9.7 7,958 9.8 + 115 + 1.5

(注3)久光製薬と扶桑薬品は業績見込みを発表していないため、この2社を除外した24社で集計している。

売上高については、事業再編や特許切れの減収要因を既存品を中心とする国内外の売上高増加が補い、微増の予想となっている。しかし経常利益は国内外の販売促進費や研究開発費の増加などが見込まれており、微減となる。当期純利益に関しては今期発生した震災関連等の特別損失が減少するため増益が見込まれている。

以上

PDF

pdf形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で提供されています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM