イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

製薬協メッセージ「グッドコミュニケーション10‐11」
~みんなのチカラで、未承認薬を、一日も早く。~

2010年11月18日

日本製薬工業協会(以下製薬協:会長 長谷川 閑史)は、11月18日から『未承認薬への取り組み』をテーマに製薬協メッセージ「グッドコミュニケーション10-11」を開始します。
製薬協では、製薬産業と医薬品について広く一般生活者の理解と信頼を得るため、よりよいコミュニケーションを図ることを目的とした製薬協メッセージ「グッドコミュニケーション」を毎年実施しています。一般生活者とのコミュニケーションを継続的に実施し、製薬産業の特性についての理解を促進するとともに、身近な「見える産業」としての認識獲得を目指しています。
今年度の「グッドコミュニケーション10-11」は、テーマとして「未承認薬への取り組み」を取り上げ、医療関係者・行政・製薬産業が一体となって、未承認薬問題の解消に向けて努力していることと、その解決のためには多くの方々の協力が重要であることを理解していただき、患者の希望の光となっている「未承認薬への取り組み」について共感を深めていただく機会としたいと考えています。
企画の内容は下記のとおりです。

テーマ

「未承認薬への取り組み」

企画意図

患者・医療関係者に対して、製薬産業・行政・医療関係者が一体となって、未承認薬問題の解消に向けて努力していることと、その解決のためには患者・医療関係者の協力が重要であることの理解を得る。

訴求点

  1. 未承認薬問題解消のため、製薬産業をはじめ国を挙げて取り組みが行われている。
  2. 未承認問題の解決に向けた取り組みが患者の希望の光となっている。
  3. 新薬創出のためには、患者・医療関係者の協力が重要である。

ビジュアルについて

ビジュアルは、未承認薬を新薬にするために、みんなの力で取り組んでいることを訴求します。モデルに子供たちを配し、描かれた1枚の絵には効果があって、必要とされている「いいお薬」を海の向こうから日本へ鳥が運んできてくれたらいいなという、純粋な願いと希望がこめられています。

コピーについて

キャッチコピー

みんなのチカラで、未承認薬を、一日も早く。

メッセージコピー

海外ですでに使用実績がありその効果が認められている薬については、一日でも早く使えるようにしようと行政、医療関係者、製薬企業など、日本中が一体となって動き始めました。
私たちの製薬協は、がんや難病などと闘っている患者さんに有効で安全な治療薬をお届けするため、未承認薬の解消に取り組んでいます。 

キャンペーンの展開方法

  1. 医療機関へのポスター掲出
  2. 業界紙上での広告
  3. 医療関連ウェブサイト広告
  4. 医療機関向けフリーペーパー広告
  5. 製薬協ウェブサイトにおける理解推進コンテンツの提供
  6. 会員会社におけるバナー広告

本件に関する問い合わせ先
TEL:03-3241-0326
日本製薬工業協会 広報部 西畑吉晴

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM