イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

平成22年3月期 第2四半期決算の概況と通期見込み

対象:東証一部上場26社~12月決算1社、2月決算1社を含む

(1)平成22年3月期 第2四半期決算の概況

(億円未満切捨て)

  平成21年3月期
第2四半期決算
平成22年3月期
第2四半期決算
増    減
金額 売上比 金額 売上比
売上高
億円
37,008
100.0
億円
37,474
100.0
億円
+ 466
+ 1.3
売上原価 11,152 30.1 11,489 30.7 + 337 + 3.0
粗利益 25,856 69.9 25,985 69.3 + 129 + 0.5
販売管理費 20,151 54.5 18,639 49.7 △ 1,512 △ 7.5
営業利益 5,704 15.4 7,346 19.6 + 1,641 + 28.8
営業外損益 380   益 190   △ 189  
経常利益 6,085 16.4 7,536 20.1 + 1,451 + 23.9
特別損益 501   損 54   △ 556  
法人税等 3,001   2,614   △ 387  
当期(上期)純利益 3,585 9.7 4,868 13.0 + 1,282 + 35.8
研究開発費 7,832 21.2 6,176 16.5 △ 1,656 △  21.1

当期は、国内売上は増加したものの、海外売上が円高の影響を受け減少に転じたことにより、売上高は微増となった。利益面では、前年の特殊要因等による研究開発費の減少により、営業利益と経常利益がいずれも大幅に増加した結果、当期(中間)純利益は増益となった。

  1. 売上高については、
    1. 26社全体で、前年同期比1.3%の増収となった(増収19社、減収7社)。
    2. 国内は、非医薬品事業の売上減少、子会社の連結除外があったものの、薬価改定がなかった影響もあり主力製品が伸長し、前年同期比653億円(2.8%)増の2兆4,056億円であった。
    3. 海外は、海外企業の買収・子会社化に伴う売上増が寄与したものの、円高によるマイナス影響が大きく、前年同期比186億円(1.4%)減の1兆3,418億円と減少に転じ、海外売上高比率は前年同期比0.9ポイント減の35.8%に低下した。なお円高の影響を除くと、主力品の多くは売上増となっている。 
  2. 粗利益は、海外企業の買収及び導入品の売上伸長等により、原価率が30.7%と0.6ポイント上昇した結果、前年同期比0.5%の微増に留まった。
  3. 販管費は、前年同期に海外企業の買収・子会社化に伴うインプロセスR&D費が計上された影響で研究開発費が大きく減少し、前年同期に比べ7.5%減少した。なお、インプロセスR&D費の影響を除くと、研究開発費は前年同期比で微増となった。
  4. この結果、営業利益は前年同期比28.8%、経常利益は23.9%増益となった(増益、減益ともに13社)。
  5. 純利益については、前年同期の事業譲渡益の影響で特別利益が減少したものの、法人税等の減少もあり、前年同期比35.8%の増益となった(増益14社、減益12社)。

(2)平成22年3月期 通期見込み(比較ベース)

(億円未満切捨て)

 平成21年3月期
(実績)A
平成22年3月期
(修正予想)B
増減(B-A)参考
(当初予想)C対当初予想(B-C)
売上高
億円
72,427
億円
74,895
億円
+ 2,467
+3.4
億円
74,818
億円
+ 77
+0.1
経常利益12,21912,837+ 617+5.112,848△ 11△0.1
当期純利益4,7918,156+ 3,364+70.28,170△ 14△0.2

(注1)協和発酵キリンは決算期変更のため、4月-12月の実績値および予想数値を用いている。

PDF

pdf形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で提供されています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM