イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

IFPMAの国際的な臨床試験ポータルサイト開設について


2005/9/28

国際製薬団体連合会(IFPMA)は、世界各地の研究開発型製薬産業の団体である欧州製薬団体連合会(EFPIA)、日本製薬工業協会(JPMA)、米国研究製薬工業協会(PhRMA)ならびにカナダ研究型製薬企業協会(Rx&D)とともに臨床試験情報の登録と公開に関する原則を合意し、2005年1月に「臨床試験登録簿およびデータベースを介した臨床試験情報の開示に関する共同指針」を発表しました。

今般、この共同指針に基づく臨床試験の、更なる透明性実現を目指して取り組んできましたところ、この臨床試験ポータルサイトの構築の運びとなりました。そして2005年9月21日にIFPMAにおいて臨床試験ポータルサイト開設の発表を目的としたWeb Press Conferenceが行われました。

現在運用されている臨床試験ポータルの第1ステージでは、英語のみを対象とした簡単な検索機能が提供されています。 数ヵ月以内にはその機能が増強された第2ステージが完成の予定であり、日本語を含む複数言語対応、かつ複雑な検索も可能となります。
なお、このポータルサイトのURL はwww.ifpma.org/clinicaltrialsです。

なお、日本の患者さんや医療従事者向けに、日本語で対応可能な登録・公開ウェブサイトの開設の必要性があることから、JAPIC(財団法人日本医薬情報センター)の協力のもと、JAPICのウェブサイト内に、7月1日に「臨床試験情報」(英名/略名 Clinical Trials Information /JapicCTI: www.clinicaltrials.jp/user/cte_main.jsp)を開設いたしました。このサイトでは、現在のところ、日本語・英語による臨床試験情報の登録、検索が可能となっており、近い将来、完了した臨床試験結果のデータベースも増設される予定です。 そして、このJAPICのウェブサイトは、上記、第2ステージにおいて、IFPMA臨床試験ポータルサイトに接続される予定です。

この臨床試験ポータルサイトの開設により、臨床試験の透明性が向上し、また、患者さん、医療従事者が試験の情報に幅広くアクセスできるようになることは公衆衛生の点からも有益なものと考えられます。

以上

IFPMAのプレスリリース(訳)はこちら

この件についてのお問い合わせ先は下記にお願いします。
TEL:03-3241-0326
広報部長  喜多 英人    技術部部長 松原且明

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM