イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

製薬協特別番組 富山テレビ放送「知っとこ!くすりの“今”~新薬は明日への希望~」公開収録を開催

2013年7月6日(土)、富山市のいきいきKAN多目的ホールにおいて、製薬協特別番組「知っとこ!くすりの“今”~新薬は明日への希望~」の公開収録を行いました。
当日は180名を超える市民の方が参加し、薬剤師とくすりが地域医療に果たす役割、新薬開発の過程や治験の重要性、くすりの正しい使い方などを楽しく学ぶ機会となりました。
なお、当日の様子は8月3日(土)に富山テレビ放送にて放送されました。

2013/09/20

知っとこ!くすりの“今”

 広報委員会コミュニケーション推進部会では、研究開発志向型製薬企業および医療用医薬品が果たしている社会的役割の重要性について、広く一般の方々に理解していただくことを目指して、2013年度も地方テレビ局とタイアップして公開収録とテレビ放送を実施しています。
  公開収録には、富山県出身の商品ジャーナリストで元日経トレンディ編集長の北村森さん、エッセイストで元モデルの沢樹舞さん、富山大学附属病院 整形外科の松下功診療准教授、富山県薬剤師会地域医療在宅介護委員会の濱角志信さんが出演し、製薬協からは仲谷専務理事が参加しました。

薬剤師とくすりが地域医療に果たす役割

 仲谷専務理事から製薬協について紹介があり、続いて全国平均を上回るスピードで高齢化が進む富山県の喫緊の課題である在宅医療の充実に向けた取り組みが紹介され、地域医療の中での薬剤師とくすりの大切さが伝えられました。
  続いてアステラスファーマテック富山技術センターの協力で作成した取材VTRでは製造管理・品質管理・衛生管理などいくつもの厳しい管理プロセスを経て医薬品が製造されていることを知っていただくことができました。また、仲谷専務理事からは、「日本は世界で第3位の新薬開発力があり、日本の製薬企業は最先端の技術で高品質な医薬品を作り続け世界の医療に貢献している」ことが紹介されました。

くすり○×クイズ

  続いて、ゲストの北村さん、沢樹さんにも加わっていただいて、「くすり」についての○×クイズが行われました。「くすりは牛乳やジュースで飲んでも良い?」「子どもにお母さんの風邪薬を半分の量で飲ませても良い?」「食間にくすりを飲むように言われたので、食事中に飲んでいる」などの質問に対して答え、ゲストからの面白いコメントもあり、会場は盛り上がるとともに、クイズを通して「くすり」に対する知識や理解が深まったのではないかと思います。

収録風景
収録風景

新薬開発の過程と治験の重要性

   仲谷専務理事から、新薬を開発し患者さんにお届けするまでには長い年月と莫大な研究開発費を要するとの説明があり、続いて新薬開発に重要な治験がどのように行われているかについて富山大学附属病院治験管理センターでの取材VTRで紹介しました。
治験管理センター長の田中耕太郎教授からは、治験には患者さんの協力が不可欠であり、できるだけ多くの患者さんが安心して治験に参加していただけるようサポートしていくことが大変重要であり、治験コーディネーターが大きな役割を担っていることの説明がありました。また「新薬」は、患者さん、医療関係者、製薬企業の協力による「治験」という長く厳しいプロセスを経て誕生しているとの紹介がありました。収録後のアンケートでも「治験のことを初めて知った」や「治験について大変勉強になった」など、治験に関する多くのコメントをいただいており、治験に対する理解を深めていただくことができたのでは
ないかと思います。

関節リウマチと新薬の貢献

   治療満足度、薬剤貢献度ともに2005年から2010年にかけて大きく向上した疾患のひとつとして関節リウマチを取り上げました。診察現場のVTRでは、長期間にわたって関節の痛みと腫れに苦しんでいた関節リウマチの患者さんが、新薬による治療を始めて日に日に良くなっていることが紹介されました。
関節リウマチ専門医の松下先生からは新しいくすりによって多くの患者さんが恩恵を受けているとのお話があり、「今後も新しいくすりの開発によって治療の選択肢の幅が広がることはとても嬉しい」とのコメントがありました。また、収録後のアンケートでも「新薬の必要性について改めて考えさせられた」「くすりのありがたみを実感した」などのコメントをいただきました。

医薬品産業をよく理解していただくために

   仲谷専務理事から医薬品産業を理解していただくためのさまざまな活動について紹介がありました。今回のようなテレビシンポジウムや小学生の工場見学会を開催したり、製薬協として伝えたいメッセージを新聞に掲載したり、また製薬協ウェブサイトの中の「くすり研究所」ではくすりの役割や効果・歴史などを学んでいただくコンテンツを用意しているとの紹介がありました。
  最後に出演者の皆さんから「今日知ったことがたくさんあった」「くすりに対する信頼が高まった」などの感想をいただきました。司会者は「くすりは私たちの生活になくてはならないものであり、私たち一人ひとりがくすりに対して積極的にかかわっていきたい」と締めくくり、シンポジウムは終了しました。

出演者の皆さん
出演者の皆さん

(文:広報委員会 コミュニケーション推進部会 谷 幸雄 )

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM