イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

長野市で小学生対象の「くすりの学校」を開講

広報委員会では、2004年より小中学生へのくすりの教育啓発活動を実施しています。
2009年も、7月に行った三重県での製薬会社工場見学に続き、10月3日、「くすりのはてな?長野スクール」(主催:製薬協、NBS長野放送、後援:長野県薬剤師会)を、長野県のNBSホールにおいて開講しました。澄みわたる秋晴れの中、参加した長野市周辺地域の小学4~6年生とその保護者48組94名*1)は、くすりに関するさまざまな事柄を、実験や寸劇などを織り交ぜた講義を通じて楽しく学びました。
*1):保護者1名に対し複数の子どもの参加などがあったため、組数と人数に相違があります

2009/12/25

開講

午後1時30分、司会のNBS長野放送唐澤昌子アナウンサーに紹介され、長野スクールの校長先生役を務めた與五澤広報委員長の挨拶で開講しました。
校長先生は、参加者に軽い体操でリラックスをしながら「くすりの正しい使い方を学んでください」と挨拶しました。

1時間目

「くすりゼミナール」では、広報委員会E2チーム(若年層への教育啓発チーム)が中心となり、スライドやクイズを交えながら、健康の重要性をはじめ、くすりの歴史、開発、研究、剤形など、基礎知識を説明しました。また、「くすりになる確率は、2万分の1」、「くすりが使えるようになるまでに、9~17年の年月がかかる」など、くすりは多くの方々の協力を経て誕生することを伝えました。
「くすりはどうやって病気を治すのか」という疑問については、名探偵メディソンくんとパパが登場する寸劇を通じて、子どもたちは、くすりの効き方や役割などについて楽しく学びました。
会場で行ったさまざまな実験では、E2メンバーのサポートのもと、会場の子どもたちも参加しました。実験に参加できなかった子どもたちも、大画面スクリーンに写る実験の様子を観察し、「くすりは、なぜ水やぬるま湯で服用するのか」を体得しました。


くすりゼミナールの様子

2時間目


特別ゲストの荻原健司氏

今回の特別ゲスト荻原健司さんによる「夢に向かって」と題したトークショーが行われました。荻原さんは、ノルディック(スキー)複合の選手として、冬季オリンピック2大会連続で金メダルに輝き、また、長野オリンピックでは双子の弟次晴さんとともに兄弟入賞を果たすなど、長年にわたり世界で活躍してきました。現在は参議院議員として多方面で活躍中です。
荻原さんは小学生の頃、ヒーローにあこがれていたそうです。「どうすればヒーローになれる?」と、お父さんに質問したところ、「お前の大好きなスキーでオリンピックに出て、金メダルを取ればヒーローになれるよ」と、親として前向きで真摯に答えてくれたひとことがノルディック複合の選手となるきっかけとなったそうです。「そうか、大好きなスキーでがんばればいいんだ!」と納得し、その後の活躍に結びついた経験を披露してくれました。
また、荻原さんは、「どんな子どもにもあこがれや夢や希望があります。その夢に向かって何をしなければならないか、具体的な道筋を示してあげて欲しい」と保護者の皆さんにメッセージを伝えました。そして子どもたちには、「世の中に天才はいない。皆さんのそれぞれの夢を実現するには、(1)一生懸命に、決してあきらめないこと、(2)熱心に練習すること、(3)道具や物を大切にすること(物に気持ちが宿るということ)、の3点が重要」と、誰もが実践できる大切なポイントを挙げ、「夢に向かっていくことの大切さ」をわかりやすく伝えました。

ティータイム

ケーキと紅茶、オレンジジュースのティータイムの間、荻原さんが各テーブルを回り、本日のトークショーの感想や質問に答え、記念撮影やサインにも快く応えていました。また、NBS長野放送のマスコットキャラクター「ハチポ」と一緒の記念撮影会も行われました。
その後、終礼として教頭先生役の川邊専務理事が「『夢に向かって』という話にもありましたが、くすりに興味をもたれたら、ぜひ製薬会社に入り、新薬開発を実現してください」と締めくくり、長野スクールは閉校しました。

放課後

参加可能な親子を対象に、NBS長野放送のスタジオ見学ツアーを行いました。長野県の人気番組、「土曜はこれダネッ!」のリハーサルや「スーパーニュース」のスタジオの見学で参加者は楽しい「放課後」の時間を過ごしました。

(文:広報委員会医療消費者部会 武田美樹)

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM