イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

青木会長、定例記者会見 2005年5月

青木会長が定例記者会見
日本発の新薬がグローバルで評価される薬価の仕組み強調

2005/5/27
画像

製薬協の青木初夫会長は、5月27日、都内で定例記者会見を開き、会長就任1年の成果、治験の現状と問題、薬価問題などについて考えを明らかにしました。

この中で青木会長は、就任以来、治験の環境整備や薬事法改正への対応、国際連携や広報活動の強化を進めてきたが、今後は革新的な新薬の創出、世界の医療への貢献を通じて、グローバルに通用するリーディング産業として、よりプレゼンスを上げたいと意欲を述べました。

治験については、日本の治験は進行が遅い、実施率が低い、費用が高いという問題点が依然として改善されず、治験届出件数がここ数年極端に落ち込み、海外治験が先行するなど、治験の空洞化と今後の上市成分数の予測も厳しい状況が続いている。今後も新薬開発を加速するための環境整備に向けて、より一層の努力をしていきたいと述べました。

画像薬価に関しては、イノベーティブな新薬がグローバルで評価され、世界の医療に貢献できるような仕組みが必要であると述べると共に、日本の薬剤比率はここ数年20%前後で推移しており、今後の新薬開発のための原資を確保する意味でも、この20%はぜひとも確保していきたい。また、今後の薬価のあり方の方向性について7月半ばまでに製薬協としての考えをまとめたいとの方針を明らかにしました。

以上

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM