イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

2021ライフサイエンス知財フォーラム開催

日本製薬工業協会主催、一般財団法人バイオインダストリー協会後援で、2021年2月22日(月)にウェビナーにてライフサイエンス知財フォーラムを開催します。【参加費:無料(事前登録制)】


COVID-19を含むパンデミック対応策における知財権の取り扱い方


 新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大は世界の人々の生命や生活に重大な影響をもたらしました。社会活動や経済活動の観点では、感染拡大を契機としたデジタル化、働き方改革の加速、グローバリゼーション、サプライチェーンの見直しに加え、ワクチンや治療薬開発へのニーズの高まりが製薬企業とその業界に向けられています。COVID-19の対応に特許権が障害となっている事例は認識されていないにも拘らず、パンデミック発生時の治療薬やワクチンへのアクセス確保に向けて、WHOはSolidarity Call to Action(行動のための団結の呼びかけ)を公表し、COVID-19の対応に必要な知識、知的財産、データを共有する自発的な枠組みの提案と、治療、診断、ワクチン関連の知的財産等の所有者に非独占で全世界を対象とする自発的ライセンス等を求めました。
 製薬業界において知的財産制度、特に特許制度は一定期間の独占を特許権者に認めることにより研究開発に要した費用を回収し、次の研究開発に投資するという一連の長期かつ膨大なコストがかかる研究開発イノベーションのサイクルを支える重要な制度であり、本制度の下で製薬企業は多くの医薬品やワクチンを開発・提供し、人類の福祉に貢献してきました。同時に、日本製薬工業協会ではステートメント「グローバルヘルスに関する優先課題と活動」において、新薬を開発し続けるためには知的財産の適切な保護は非常に重要であるが、新興国における医薬品普及に関して、権利行使の是非、ライセンス条件の緩和などフレキシブルな特許権の運用を目指すとし、感染症治療薬・ワクチンの創製に向けた提言の中で、パンデミック発生時の世界同時承認を可能とする規制の国際調和を推進するため、海外の政府・審査機関・研究機関など様々なステークホルダーとの連携・交渉を推進する旨述べています。一方、日本政府は第75回国連総会において、新型コロナウイルス感染症から命を守るために、治療薬・ワクチン・診断の開発と、途上国を含めた公平なアクセスの確保を、全面的に支援し、国際的枠組みが成果を挙げるよう、国際機関を後押しするとともに、「特許権プール」枠組みも提案していることを宣言しています。
 これまで途上国における医薬品普及を促す仕組みの一つとして、製薬企業の自発的なパテントプールのメカニズムを通して高品質、安全、有効、より適切、より手頃な医薬品の普及の実現と共に、途上国の健康向上に貢献することを目的に2010 年 7月に Medicines Patent PoolがUNITAIDに設立され、以後HIV、マラリア、肺結核に対する低分子医薬の普及に成果を挙げてきています。一方で、ワクチンや高分子医薬の製造とその管理には低分子医薬の場合に比較して莫大なコストや設備が必要であり、低分子医薬で機能したMedicines Patent Pool等の仕組みがワクチンや高分子医薬の普及に向けて直ちに機能しない可能性も論じられています。
 こうした中、製薬業界では従来にないスピードで産官学が連携してCOVID-19の対応に向けた研究開発が進められています。本フォーラムでは、このような医薬品開発の現状を紹介するとともに、COVID-19を含むパンデミックに対峙する場面で、研究開発イノベーションのサイクルを支えるドライバーとなる知財権の保護と、生命の危機を解決する医薬アクセスに向けた知財権の利用と、どのような仕組みでバランスをとるのか、産官学を代表する方々に垣根を越えて議論していただきます。


詳細は、PDFをご覧ください。

2021ライフサイエンス知財フォーラム.pdf (PDF:721KB)


お申し込み方法

下記方法に従ってお申し込みください。(申込受付:2021年2月19日(金)まで)

① 申込みサイト
https://globalmeet.webcasts.com/starthere.jsp?ei=1389549&tp_key=9c4af4aadf

② 登録後、当日の視聴URLがメールで自動送信されます。当日は視聴URLをクリックし、登録されたE-mailアドレスを入力し、ログインからお入り下さい。
※登録後、自動送信メールが届かない場合や、キャンセルされる方は、必ずip-forum2021@jpma.or.jp までご連絡下さい。


pdf形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で提供されています。

このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 夢のメディ神殿 2021スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM