イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

2016 ライフサイエンス知財フォーラム開催

日本製薬工業協会及び一般財団法人バイオインダストリー協会は共催で、2016年2月22日(月)にソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)においてライフサイエンス知財フォーラムを開催します。参加費は無料。

ライフサイエンス産業発展のための強い特許と紛争処理環境の変化
~知的財産高等裁判所設立10周年に当たり~

 昨年のライフサイエンス知財フォーラムにおいて、私たちはプロイノベーション時代における新しい知財戦略構築の重要性を産官学の立場から議論致しました。この議題の中で特許保護だけなく、オープンイノベーション型創薬や再生・細胞医療における標準化や共有化など、必ずしも排他性に依らない多様化した新しいビジネスモデルの必要性も論じられました。
 その反面、特許保護政策の重要性は引き続き注目されるべきものであり、米国における1980年代からの特許制度による保護政策(プロパテント政策)が、ITやバイオ分野において大きな経済的発展をもたらした実績もあります。新しい創造的発明に対し、強い特許で一定期間権利を保護することは、企業による研究投資の原資を生み出し、企業の知的創作活動を活性化し新たな発明の創出につながるという知的創造サイクルの構築を推進します。その結果、グローバルな競争優位性のもと、我が国の技術と経済の発展に寄与すると考えられます。特許による権利の安定化には審査と審判に於いては特許庁が、その後の知財訴訟に於いては、10年前設立された知的財産高等裁判所が、救済措置の拡充や紛争処理の強化を通じて、機能を果たしてきました。
 ライフサイエンス分野における産業力強化のためには、安定した特許制度が必須であり、それによって創薬技術の発展をうながし、新薬が継続的に創生されることで最終的には患者様の利益につながるものと考えます。
 本年度のライフサイエンス知財フォーラムでは、我が国のライフサイエンス産業の発展のための強い特許のあり方、権利の安定化、紛争処理の理想像等、知財制度の活用について、知的財産高等裁判所設立10周年の記念すべき年に、知的財産高等裁判所の果たしてきた役割も含めて、産官学の代表の方々にそれぞれの立場で議論していただきます。

詳細は、PDFをご覧ください。

お申し込み方法

下記方法に従ってお申し込みください。

製薬協HPの中央下「PRAISE-NET」をクリック。
https://www.praise-net.jp/member/02/jpma.html

「講演会等受付システム」をクリック。
開いた画面の下「講演会等受付システムに入る」をクリック。

PRAISE-NET会員の方
IDとパスワードを入力ログインしてください。
非会員の方(IDをお持ちでない方)
メールアドレス(確認用含む)を入力してください。追って管理者から確認メールが届きますので、そちらのメール上のURLをクリックしてください。


該当する講演会欄の左「詳細」をクリック。
「個人申込」または「グループ申込」をクリックし、必要事項をご入力の上、お申し込みください。

お申し込み後、受講票が発行されますので、受講票(受付メール)をプリントアウトして
会場受付にご提示ください。参加費は無料です。
また、受付時に名刺を1枚頂戴いたしますので、ご用意をお願いいたします。

pdf形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で提供されています。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM