創薬イノベーション

難病のひとつを、たった1人の日本人が絶滅に追い込む。 難病のひとつを、たった1人の日本人が絶滅に追い込む。

イメージ画像

それって?

数億人の失明危機を救った、大村智教授。

感染が進行すると失明にまで至ってしまう熱帯病「オンコセルカ症」。アフリカや中南米などで蔓延していたこの脅威から解放してくれたのが、大村智教授でした。2015年には、その功績が認められノーベル生理学・医学賞を受賞。現在もその特効薬はアフリカや中南米に無償供与され、2025年までには「オンコセルカ症」は絶滅するといわれています。

詳しくはこちら

このコンテンツを見た方がよく見ているコンテンツ

pagetoppagetop