くすりで願い叶ったエピソード

苦しみを乗り越え全国制覇 苦しみを乗り越え全国制覇

千葉県S•Tさん 82歳 千葉県S•Tさん 82歳

イメージ

待望の初孫は、体格に恵まれた男の子でした。

しかし、見かけとは裏腹に、彼は喘息に苦しむ毎日でした。体育の授業も、夜寝るときも、息苦しさに耐える日々…。
発作が治まるまでの時間が、可哀想でなりませんでした。
「僕の苦しさは誰にもわかってもらえない」と私たち家族に訴えてきた日もありました。本人はもとより、彼に寄り添う両親の心労にも胸が痛みました。

そのような折に、かつて喘息であった
元スピードスケート選手清水宏保さんの広告に出会いました。

私たちはそれをもとに、ワラにもすがる思いで、翌日、病院を訪れました。小児科の喘息専門医の診察を受け、即治療が開始されました。そして早速その日の就寝前に使用しましたところ、夢にまで見た願いが実現したのです。安眠と心身の安らぎが訪れ、翌日から孫は別人のように生き生きと大好きなスポーツができるようになりました。

そして、中学に入ってからは、この治療薬のおかげでバレーボールの全国選抜合宿の22名の中に選ばれ、大学生となった現在も、思う存分スポーツを楽しんでおります。

家族ー同に笑顔が戻り、この素晴らしいおくすりに
救われました。感謝の言葉は尽くせません。

※ 実際に送られてきたエピソードをもとに構成しています。年齢はエピソード応募時のものです。写真はイメージです。

このコンテンツを見た方がよく見ているコンテンツ

pagetoppagetop