Menu

文字サイズを変更大標準小

サイト内検索サイト内検索

EnglishEnglish
  • Twitter
  • Facebook

新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。すすめ、新薬キャンペーン新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。すすめ、新薬キャンペーン

  • 新薬の貢献新薬の貢献
  • アンメット・メディカル・ニーズへの取り組みアンメット・メディカル・ニーズへの取り組み
  • 患者さんとともに(治験)患者さんとともに(治験)
  • 3大感染症と顧みられない熱帯病(NTDs)3大感染症と顧みられない熱帯病(NTDs)
  • 先端分野への挑戦先端分野への挑戦
  • 新薬創出における国内外での役割新薬創出における国内外での役割
  • 産・学・官の協力体制産・学・官の協力体制
  • 研究開発への投資研究開発への投資
  • 製薬協応援大使!「カプセルくん」のご紹介
    くすりの情報リンク過去のキャンペーンページ
新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。すすめ、新薬キャンペーン新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。すすめ、新薬キャンペーン

3大感染症と顧みられない熱帯病(NTDs)3大感染症と顧みられない熱帯病(NTDs)

新しいくすりは、国境を超えて新しいくすりは、国境を超えて

エイズ、結核、マラリアの3大感染症、そして、デング熱やシャーガス病といった「顧みられない熱帯病(NTDs:Neglected Tropical Diseases)」は、世界で10億人を超える患者さんがいると推測されており、その多くが発展途上国あるいは貧困層に集中しています。私たち製薬産業は、人類への脅威となるこれらの疾病根絶に向けて、国際機関との連携のもと、治療薬の開発に取り組んでいます。

3大感染症と顧みられない熱帯病(NTDs)3大感染症と顧みられない熱帯病(NTDs)

NTDsによる失明危機から数億人を救った、たった1人の日本人NTDsによる失明危機から数億人を救った、たった1人の日本人

アフリカや中南米などの熱帯地方で蔓延していたNTDsのひとつ「オンコセルカ症」。感染が進行すると失明にまで至ってしまうこの脅威から解放してくれたのが、大村智教授でした。大村教授は、本来、動物の病気に対する治療薬として開発されたものを、ヒトの感染症である「オンコセルカ症」へと応用。その結果、絶大な効力を発揮することを証明し、感染の恐れのある数億人を救ったのです。2015年には、その功績が認められノーベル生理学・医学賞を受賞。現在もその特効薬は、WHOを通じてアフリカや中南米に無償供与され、2025年までには「オンコセルカ症」は絶滅するといわれています。

大村 智 教授 プロフィール大村 智 教授 プロフィール

製薬協の取り組み一例製薬協の取り組み一例

いま、世界で7人に1人が1つ以上のNTDsに苦しんでいるといわれています。私たちは、少しでもそんな方々のお役に立てるよう、以下のような取り組みを行っています。(会員企業の取り組み)

官民パートナーシップ Tiered Pricing、無償提供官民パートナーシップ Tiered Pricing、無償提供
開発途上国に多く見られる疾患に対する新薬の研究開発開発途上国に多く見られる疾患に対する新薬の研究開発
医療インフラの整備、人材・能力開発、ヘルスリテラシー向上医療インフラの整備、人材・能力開発、ヘルスリテラシー向上
参考になった!
戻る
  • 新薬の貢献
  • アンメット・メディカル・ニーズへの取り組み
  • 患者さんとともに(治験)
  • 3大感染症と顧みられない熱帯病(NTDs)
  • 先端分野への挑戦
  • 新薬創出における国内外での役割
  • 産・学・官の協力体制
  • 研究開発への投資
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE